公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン™』、樹名板のトップブランドです。

(一社)日本公園施設業協会会員/SP・SPL表示認定企業/ISO9001認証取得企業

【お見積・カタログ請求はお電話でも承ります】(お問い合わせ) 0467-45-5110 月~土8:30〜17:30

設置手順と注意


Aboc™ラベルの3大設置構造は全て特許を取得

スプリング式スプリング式:特許第3091640号

ポール式ポール式:特許第2954835号

ワイヤー吊下げ式ワイヤー吊下げ式:特許第3168265号

さらに取付けやすくいたずらに強くなりました

設置は2人組で!!

設置人工については各営業所へお問い合せ下さい。
100基あたり(造園工・普通作業員とも)
1.5人(スプリング式角型、小・中サイズ) ~ 2.7人(1本脚式5号ポール)です。

※万が一ラベルの内容に間違いがありましたら、いつでもお取り替えいたします。
※不要になった当社製品は、安全処分いたします。(回収・撤去作業・送料はご負担下さい)

スプリング止めスプリング止め

特許

メンテも容易な幹専用器具。最も取りつけやすく、「木にやさしい」構造です。

準備する道具

小脚立(高い位置につける時に使用)

スプリングを選ぶ

スプリング100mm 200mm 500mm 1m

木の太さに対応

100mmスプリング…細い木(幹周20cmまで) 200mmスプリング…普通の木(幹周20~50cm) 500mmスプリング…太い木(幹周50~1.5m) 1mスプリング…非常に太い木(幹周1.5~3m

STEP1高さは1.5m、園路から見える位置が基本

ラベル係:園路から見える位置に、両手でラベルを支える スプリング係:スプリングを取りつける 高さは1.5mが基本 いたずら対策には 1.8m~2mの高さに取りつける

STEP2裏面の止め穴にスプリングをカチッ

ガイドに沿ってスライド、「カチッ」と音がするまで挿し込むと抜けません!! スプリングは何本必要? スプリング2本…大、特大 スプリング1本…その他

STEP3幹にまわして向かいの止め穴にカチッ

カチッ→調整:位置と角度を直す スプリングを外すには:時計回りと反対に回す

STEP4ずれ落ちないようにゆるみをなくす

根元でつまみ→2回転素早くねじる→落ちない

幹が成長すると、ねじり部が自然にほどけ、後の成長に対応。

最重要

3年に一回の点検が必要。
若い幹はくい込みに注意!

設置完了!

悪い設置例:二股には取付けない、幹に食い込む!! 良い設置例:曲がった幹や枝→異なる位置の止め穴を使う、ラベルが水平になる/高い位置→コブ下を利用、見やすい/コブにはくい込まない、設置OK!!

さらに強固に固定する方法は、こちら(盗難・いたずら予防策)

ポール式ポール式

特許

鉄杭(てっくい)で地面に穴をあけ、挿し込むだけ。スコップでの穴掘り不要、短時間で設置できます。

800m・400m→1号ポール 800m・400m→5号ポール(矢羽根アンカー付

準備する道具

1鉄杭 (地面にポール用の穴をあけるため)

2鉄槌 (鉄杭をたたくため)

3シャベル・スコップ(穴に土をもどすため)

4小型の台車 (100基以上の場合)

設置の原則「ポールが先・ラベルは後」 OK:ポールを先に地面に固定→あとからラベルを挿入 NG:ラベルを先にポールに付けてしまう→上からたたいて埋め込まないで!!

STEP1設置位置に「鉄杭で下穴をあける」

深さを決める(鉄鎚係)(鉄杭係)ビニールテープを巻いて印をつけ、ポールの高さを統一

800㎜ポール…深さ400㎜まで埋め込む
400㎜ポール…深さ200㎜まで埋め込む

ポール位置は植物の「左手前45℃」1.群植の、真ん中~左手前。2.目立つ所。3.目線に角度を合わせる。4.上り斜面…ポールは短めに。5.下り斜面…ポールは長めに。6.花壇・植込み・下草には「頭出し位置」。

STEP2引きぬいて「穴を拡げる」

打ち込んだ鉄杭を前後に動かして 穴が「3x8cm大」の5号矢羽根アンカー付ポールが入る大きさになるまで拡げる ※1号ストレートポールは打ち込んだ鉄杭を引き抜き、その穴にポールを挿し込む。 ※硬い土の場合には、5号矢羽根アンカーを挿入できる大きさの穴を掘り、設置する。

STEP3ポールを「穴の底まで」挿し込み、園路側に向きを合わせる

穴底まで入れる。「ポールの向き」に注意!! 前面を園路側に向ける ジョイントの前面を園路側に向けて固定

STEP4穴を埋め戻して土を踏み固める

土を穴底に突き固める 土をかき集め、ポールと穴の間に充填 ポールの周りを強く踏み固める

STEP5最後にポールにラベルを挿し込み、角度を決める

ポール上部のジョイントにラベルを 「カチッ」と音がするまで挿し込む。

視認しやすい角度に調整!! ジョイント部は固く作られています。
(角度をしっかり固定するため) ラベルを外すには:ラベルの下辺を上に向かって垂直にたたくと外れます 「ゴムハンマーか木槌で」下から上にたたく
調整時に割れることがあるのでラベルは必ず
「カチッ」というまで押し込む!! 設置完了

ワイヤー吊下げ式ワイヤー吊り下げ式

特許

枝に吊り下げて設置します。
当社ワイヤーは適度の固さを保持しているので設置しやすくラベルの角度調整も実に容易です。

準備する道具

小脚立(高い位置につける時に使用)

株立ち用・・・ ムクゲやキンモクセイなど

幼木向け・・・ 幹に巻けない場合

「ねじってとめておく」1ワイヤーをベース裏の穴に通す。 2もう片方のベース裏の穴に通して完成!! 角度を調整するには:輪の上部を2~3回転ねじる

V型脚式V型脚設置

欧米の有名植物園で古くから設置されているV字型の脚部品です。必ず管理人のいる場所でご使用ください。 基礎がなくても差し込むだけで2~3年後には(土が固くしまって容易には)抜けなくなります。

「プラスチックハンマーなどで」「垂直に」 1.V型脚を地面に打ち込む。(軟らかい土の場合)※硬い土の場合、強く打つと変形する恐れがあるため、穴を掘って設置する。2.矢印の方向に「カチッ」と音がするまでスライド挿入する。 3.自由な角度に起こす。

幹太ピン止め式幹太ピン止め式

スプリングが届かない大木や積雪地にオススメです。北海道大学では代々伝統的な設置方法として約30年前から採用されており、樹の成長層を傷めることがないことが実証されています。
今日では大木(成長のほぼ止まった壮成木)の設置に使われています。

1.座金にクギを通す。2.通したクギをそのままウレタンワッシャーに通す。 3.ラベル中央よりやや下にクギの頭(座金)を当てて、ラベルを下にスライドさせる。 4.板をラベルの上に当て、幹に打ちつける。

雲ラベル

スプリング止め


1.裏面から止め穴の一方にスプリング
をスライドして挿し込む
(正しく挿し込むと抜けません)


※スプリング3巻分を挿し込むのがポイント


2.反対の止め穴に(3巻分)挿し込む


3.あまったスプリングは図のようにうしろで交叉させ、2回転ねじって保持力をつくる

棒止め

 鋼棒
1.ラベル上部の2箇所の穴に鋼棒を挿し込む


2.上部でとまれば完成。

蝶ラベル

枝結び止め


1.枝に回し、ラベル 中央の穴に通す


2.両側を強く引っ張る


3.枝を包むように両端を強く押し曲げると
しっかり固定される

その他

鉢挿し
鉢挿し

コーナー整列挿し
コーナー整列挿し

束ね挿し(記録・確認用)
束ね挿し(記録・確認用)


参考歩掛

よくあるお問い合せ

Q1ラベルが傾く

点検ポイント

ポールが傾いていませんか?

ラベルの構造

ポールの下部先端の矢羽根アンカーは、自然条件で抜け/傾き/回転を防止する設計です。

設置方法の誤り

ポールの埋め込みが浅すぎる

「ポールの長さの1/2」を目安にポールを埋め込んでください。
(800㎜ポールは300〜400㎜、400㎜ポールは200㎜埋め込む)

周りの土を踏み固めていない

埋め込み後、充分に地際部を踏み固めてください。
土の支持力を活かした構造です。

過大な負荷

※基礎コンクリート不要の矢羽根アンカーは、施工性が良い反面、想定外の負荷に傾くことがあります。

人為的な負荷

いたずら・犬のリードが引っかかる等

過酷な環境条件

大型台風・ビル風・積雪等


傾き防止策

施工前

フェンスブロック等を用いた基礎方式。

施工後

一度引き抜き(矢羽根アンカーが折れる・抜けることがあります)、
フェンスブロック等を用いたコンクリート基礎を使用。(施工性は多少落ちます)

Q2ラベル・ジョイント部が壊される

点検ポイント

破損はどの部分でしょうか?

ラベルの構造

Abocラベル躯体部は高耐候性・耐久性素材を使用、部品との接合部も改良強化されていますが、以下の原因で破損した事例があります。

人為的圧力が原因

故意のいたずら等

環境条件が原因

豪雪地帯での積雪・台風で看板などが当たる等

アンカーの破損時は、こちらを参照(※破損の状況により異なります。)

※製品の不備による破損の場合は、お知らせ下さい。無償にて早急にお取り替えいたします。

長く使うにはメンテナンスを!! 一手間かけると、さらに長く保ちます!!

いたずら防止とメンテナンス

ポール式外れない状態かどうか確認

確認!! ジョイント部は「カチッ」と音がするまで押し込んであるか?オプション(有料)/スプリング+接着剤ピン:ピン止め…斜め45°上からピンで真後ろを止める。 接着剤…止め穴に塗布しスプリングをラベルを合着。

スプリング式ずれ落ち防止のメンテ

つまんで「ゆるみをなくす」 ねじると ずり落ちない ①幹裏の余分なスプリングをしっかりつまむ。 ②2回転ねじる。ねじり輪の分、ゆるみがなくなる。 ③幹が成長すると、スプリングが自然にほどけ、後の成長にも対応。

スプリング式スプリングが伸ばされた、表示面に落書きされた

伸ばされた部分をニッパでカット。
「未使用(予備)止め穴」に付け直して修復。

(※新しいスプリングはご注文下さい)

マジック・ラッカースプレーの落書きは、
シンナーなどの有機溶剤をつけた布で拭きとる。

ポール式アンカーがこわれた、ジョイントが折れた

ポールをのこぎりで切断し、
新しいアンカーを挿し込み修復。

(※新しいアンカーはご注文下さい。)

ポールをのこぎりで切断し、
新しいジョイントを挿し込み修復。

(※新しいジョイントはご注文下さい。)

ラベル部分の破損

新しいラベルプレートをお求め下さい。

ポール部分の破損

新しいポールをお求め下さい。

ご不明な点などは、各営業所のラベルコーディネーターにお気軽にお問い合せ下さい。

納期や製品選びのお問い合せはお電話で

迷ったらお電話を!ラベルコーディネーターがご提案いたします。 0467-45-5110 (営業時間 月〜金/8:30~17:30)

お見積・図面・サンプルもすぐにご用意いたします

ご相談からお届けまで、通常10日〜ですが、工期が近いお客さまには適宜対応しております。

24時間対応 お見積・お問い合せ メールはこちら

  • 24時間対応 Web見積・注文 標準品は10%OFF!!
  • 初めての方は 新規会員登録はこちら 初回注文からお得になる!

ラベルのご相談メニュー

エコマーク

Abocラベルは
「エコマーク」認定

SPマーク SPマーク SPLマーク Dox A01-03 Rev2 認証ロゴ9001MI-UKAS

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「遊具の安全に関する規準 JPFA-SP-S:2014」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。