公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン™』、樹名板のトップブランドです。

(一社)日本公園施設業協会会員/SP・SPL表示認定企業/ISO9001認証取得企業

【お見積・カタログ請求はお電話でも承ります】(お問い合わせ) 0467-45-5110 月~土8:30〜18:30

防災標識

JIS Z 9097 津波避難誘導標識・JIS Z 8210 案内図用記号 システム準拠 防災標識 迅速にご提案します 東京都海上公園・臨海広域防災公園ほか 実績全国600ヶ所 カタログ無料で差し上げます

標識計画のどの段階のご相談にも対応いたします。

  • その1 現地調査

    避難ルート・ハザードマップとの整合性チェック・既存標識の有効性点検など

  • 設置場所・方角・環境を踏まえ、標識の表示面デザインを作成。ご承認後に製作・安全面を配慮して設置。

  • その2 コンセプト・アプローチ・基本計画・概算予算

    調査結果にもとづき、ユニバーサルデザインなどを踏まえた配置計画・サイン意匠・概算金額をご提案。

  • その5 施工完了

    管理に必要な書類を提出。(実施図面・表示面データ(PDF)・サイン配置図面など)

  • その3 実施設計

    JISZ9098 災害種別避難誘導標識システム/JISZ9097津波避難誘導標識システムに準じて、実施図面・構造計算書の作成・表示面デザインの検討。夜間照明テストなど。既存標識の改修・撤去までを含めて具体的にご提案。

  • その6 保守・点検

    管理者さまと協同してサインの有効性を確認。

防災標識の納品事例

※ 上記は一部です。

防災標識 総合カタログ 無料で差し上げます 今すぐ申込みはこちらから

「いのちを守るサイン整備」をお手伝いします

どこへ逃げる? ― 市民は避難場所や避難経路を知っていますか?

行政の方針により「避難場所へみちびくサイン計画」が急務となっています。

各新聞防災記事
各新聞防災記事

1.危険から確実に逃げる ―『減災』の必須条件は、 避難誘導標識の強化しかありません。

2.アボック社は公共標識をつくりつづけて40年、全国5万件以上実績をもつ「サインの専門家集団」です。
最新のJIS規格に沿った防災標識を、視認性が高く現地に適応した仕様でご提案いたします。

3.株式会社アボック社は(一社)日本標識工業会の自主管理防災標識を推進しています。

防災標識には、JIS化された「災害種別図記号」を用いることが内閣府より地方公共団体へ通知されました。

平成28年3月23日付  内閣府事務連絡「災害種別図記号による避難場所表示の標準化の取組について」

避難場所表示板の整備・更新には、平成28年3月22日付
「災害種別避難誘導標識システム(JISZ9098)」
で制定された「災害種別図記号」 を用いること。

平成28年3月23日付 内閣府事務連絡(内閣府ホームページ参照)

「災害種別図記号による避難場所表示の標準化の取組に関する通知について」 より抜粋

JIS Z 9098 災害種別避難誘導標識システムで使用する図記号一覧

JIS Z 9098 災害種別避難誘導標識システム概要

当社は、災害種別図記号等のJIS原案の作成に携わった(一社)日本標識工業会会員として、案内板表示に係る技術的な問い合わせにお応えいたします。 また公共標識全国5万件・40年の実績をもつサイン専門メーカーとして、上記にもとづく防災標識の整備・更新をお手伝いいたします。

すいせんのことば

近年、かつて経験したことのない異常な現象の自然災害が地球規模で発生しています。
対策としては、災害発生時に被害を少なくする“減災”に重きを置かねばなりません。

自然災害対策強化の一環として、2013年6月に災害対策基本法の改正で、異常な現象の種類が特定され、「津波」については、2014年9月にJISZ9097(津波避難誘導標識システム)が制定されました。

さらに他の自然災害について2016年3月にJISZ9098(災害種別避難誘導標識システム)が制定されました。

行政の方針に準じて、災害発生時に、標識によって避難場所まで安全に避難することを目的として、JISZ9097とJISZ9098を一冊にまとめた『Aboc防災標識総合カタログ3』を監修いたしました。これら防災標識の設置によって避難誘導がスムーズに行われ、一人でも多くの生命が守られ、“減災”に繋がることを願ってやみません。

JIS Z 9097・JIS Z 9098 原案作成委員会幹事中野 豊

防災標識

防災標識の配置計画

確実に避難するための防災標識計画イメージ

地形や地域環境によって起こりうる災害は異なります。沿岸部では地震による津波や台風、都市部では直下型地震やゲリラ豪雨など、それぞれの特性をふまえた防災計画が必務となります。

土石流注意標識 がけ崩れ・地すべり注意標識 内水避難情報標識 洪水避難誘導標識 高潮情報標識 津波注意標識 大規模な火事情報標識

「既存標識の見直し調査」からご提案

プランニングにあたっては、各営業所にお気軽にご相談ください。
既存標識を活かして、最新のJIS規格に沿ったご提案をいたします。

防災標識計画の流れ

避難場所案内を防災標識に

避難場所案内を防災標識に

防災標識カタログでさらに事例を見る


サインのリニューアル・新規整備をお考えのお客様へ

お急ぎならお電話がオススメです。全国6拠点の営業所へ直接お問い合せください

お電話での受け付け(月~土/8:30~17:30)

  • 東京営業所
  • 大阪営業所
  • 仙台営業所
  • 東北営業所
  • 北海道営業所
  • 点検事業部
  • 販売・取扱店

50,000件を超える実績から最適な事例をご紹介!サイン納品事例集 詳しくはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

サインのご相談メニュー

SPマーク SPマーク SPLマーク

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「遊具の安全に関する規準 JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。