公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン™』、樹名板のトップブランドです。

(一社)日本公園施設業協会会員/SP・SPL表示認定企業/ISO9001認証取得企業

【お見積・カタログ請求はお電話でも承ります】(お問い合わせ) 0467-45-5110 月~土8:30〜17:30

Abocラベルが選ばれる5つの理由

お客さま満足度92.3%

1.専門家が監修する「正しい表記」 2.QRコードから国内最大規模のWeb植物辞典 花ペディアに繋がる 3.2つの保証制度 4.業界一の高品質がローコスト&短納期 5.唯一のSPL認定ラベル

「最相談する」と回答したお客さま95.8%

専門家が監修する「正しい表記」 QRコードから国内最大規模のWeb植物辞典「花ペディア」に繋がる唯一の樹名板 2つの保証制度 業界一の高品質がローコスト&短納期(さらに5日短縮) 唯一のSPL認定植物名ラベル(JPFA認定)

専門家が監修する「正しい表記」

1975年創業から40年、Abocラベルは以下30余名の植物関連各分野の諸先生に指導・執筆監修を受けた基本原稿を元に、表示内容を作成してきました。
(植物分類学・バラなどの特殊農産物・薬用植物学・植物民俗学・植物文化など)

監修

  • 小林 義雄先生(元農林水産省森林総合研究所多摩森林科学園樹木室長)
  • 緒方  健先生(元農林水産省森林総合研究所東北支所長)
  • 林  弥栄先生(元東京農業大学農学部教授)
  • 泉  宏昌先生(元東京薬科大学薬物植物園)
  • 脇坂  誠先生(元神奈川県立フラワーセンター大船植物園)
  • 辻井 達一先生(元北海道大学植物園園長 北海道大学農学部森林生態学研究室)
  • 坂﨑 信之先生(日本植物協会名誉会員、熱帯・亜熱帯植物研究家)
  • 黒島 寛松先生(元沖縄県・南部林業事務所所長)
  • 多和田真淳先生(元沖縄県森林総合研究所所長)

監修執筆

  • 児嶋  脩先生(北里大学薬用植物園)
  • 指田  豊先生(東京薬科大学名誉教授 元薬用植物園)
  • 下村 裕子先生(東京薬科大学名誉教授)
  • 佐竹 元吉先生(元・厚生省国立衛生試験所生薬部長)

IPN

園芸品種を含め現在約4万種類の体系化された植物情報を当社専門機関植物名称研究所 (IPNJ)が蓄積・さらなる充実化をすすめています。

なぜ、正しい名前のラベルにこだわるのか?

世界標準の新分類体系と国際ルールに準拠

年々増える外国人の利用を前提として、緑のパブリックスペースには万国共通名称の表記を正しく行うことが必須条件とされます。我が国唯一のSPL認証を得た公式樹名板Abocラベルは、万国共通名称の学名(Scientific Name※)表記を原則として、またさらに、新分類体系での表記を原則として、統一編集作業を行っています。

※学名(Scientific Name)は全世界で共通する名前です。植物の種類や所属を正確に表す唯一の名称表記方法であるため、外国人利用者を考慮する公共空間では学名併記が原則とされます。

国際栽培植物命名規約
国際栽培植物命名規約

ただし、植物の学名や園芸品種名は『国際植物命名規約』『国際栽培植物命名規約』という2つの国際ルールに基づいて命名されています。適切な表記には、この2つの国際ルールの最新の理解を前提とする高度な専門編集技術が必須となるのです。

※Abocは、この植物に名前をつけるための国際ルールブック『国際栽培植物命名規約』を日本で初めて独占翻訳出版した出版社でもあります。また当該規約に準じた植物事典・専門書を数多く出版していることから、Abocラベルは原則として当該規約に準じた表記で制作できるのです。

国際標準の新分類体系APGⅢを採用

体系化された植物ラベルデータベース

Abocラベルの4万種類に及ぶ全ての表示内容には6桁の固有識別番号=花ペディア番号が付与され、体系化された植物解説および分類名称データベースシステムで一括管理しています。

QRコードから国内最大規模のWeb植物辞典花ペディアに繋がる唯一の樹名板

「図鑑20冊分の情報が見られて同価格」50%のお客さま御用達のQRラベル

4万種類・11万件の植物データベースへアクセスできるQRコードがAbocラベルの「標準仕様」

ORコードについて: コブシ(Magnolia kobus)辛夷。落葉高木で出葉前に開花。花は白色で基部に1枚の葉があります。果実はいびつな長楕円形です。モクレン科。花の写真などはこちら 花ペディア000331 国際栽培植物命名規約 SPL(セーフティープロダクトリバティー)マーク

品質保証と安心・安全

標準和名
原則として植物分類学上の標準和名または園芸品種名。
解説
ふりがなつきの読みやすい文章。別名や漢字名・名前の由来・特徴や用途などを表記。
科名 Family Name
国際標準とされる新しい科名を採用。新分類体系により、科が変更した場合は、新旧両方の科名を併記(従来の科名をカッコ内に表示)。 例)アジサイ科(広義のユキノシタ科)
学名 Scientific Name
学名は「唯一の万国共通名称」なので、国際標準のラベル表記には原則併記されます。園芸品種の学名表記は『国際栽培植物命名規約』(本邦初訳・アボック社刊)に従うことが世界共通ルールです。
植物ID (花ペディア番号)
Abocラベルは全ての植物情報と表示内容に6桁の固有識別番号を付与し、体系的にシステム管理しています。このIDはAbocがラベル内容を責任編集した証明として、製品サポートの際必要となるクレジット番号です。
SPLマーク
Abocラベルには(一社)日本公園施設業協会認定の安心・安全の目印「SPL(セーフティープロダクトリバティー)マーク」が貼付されます。「製造物賠償責任保険」に加入製品であることの証明マークです。
カブトムシの刻印
裏面には信頼の商標「Aboc™」 「カブトムシ」の 刻印 「製品型番号」

図鑑20冊分!! 4万種・11万件の植物情報を一目で検索出来る♪QRコードで利用者さまの満足度がアップ!

国内最大規模のWeb植物辞典  花ペディア(利用無料)につながります。

実際の花や実、その植物の色々な表情の写真を見ることができます。
Aboc出版物データベースに無料アクセスして、より詳しい解説を読むこともできます。

花ぺディア™とは?

Abocが文化的事業のひとつとして出版・所蔵するコンテンツを無料で公開しているWeb植物辞典(2003年開設)。Abocが出版する植物図鑑やAbocライブラリから植物写真と世界の植物図鑑12万件・植物情報約4万種・名称情報11万件を収録。
スマートフォン又は携帯電話のバーコードリーダーでQRコードを読みとってご利用ください。

花ペディアにはこれだけの専門書が全て入っています。※内容は植物名称研究所により日々追加されています。

Abocの出版事業について詳しい情報はコチラ。


●当社出版物や所蔵コンテンツを全収録(一部未公開)
『日本花名鑑(第1-4巻)』『樹木アートブック・高/低木編』『日本で育つ熱帯花木植栽事典』『日本の絶滅危惧植物図譜』
『小笠原植物図譜』『アジサイ百科』『アジサイ図鑑』『鎌倉のあじさいと名花名木めぐり』
『絵で見る伝統園芸植物と文化(私家本)』『樹の本』『続・樹の本』『野草の本』『花の本』
『高山植物の本』(三菱UFJ環境財団発行)『野田坂造園樹木事典』など
●Aboc IPNJ植物名称研究所編纂の植物名称・解説情報 ●Aboc植物資料編纂所による執筆原稿
●シーボルト旧蔵日本植物図譜などAbocライブラリー所蔵の:国内外の植物写真・植物図譜・イラスト ●外部協力者/はなせんせ会員提供:植物写真
●MARUZEN CO.,LTD.出版:

写真や詳しい情報を見るQRコードを標準装備

小さなラベルの中で伝えたい情報はたくさんあります。Abocラベルには標準仕様でQRコードが付いており、日本初のWeb植物事典花ペディアの写真や詳しい情報を見ることができます。
現在花ペディアでは約40,000 種の植物情報がみなさまに公開されています。
ラべルは単なる「樹名板」ではありません。「まちの木々を『植物図鑑』に変える環境教育ラベル」として進化を続けています。

50%のお客さま御用達 QRラベル おためしQRコード こちらからお試しください

2つの保障制度

信頼の「表示内容完全保障」

ラベルは社会的使命を担った自然・環境学習教材であり、常に「信頼性」と「普遍性」が求められます。よってAbocラベルは植物名称研究所(IPNJ)監修のもと、国際ルールに基づき日々植物データベースの編纂と表示内容の更新を続けています。
Abocラベルは、万が一内容に間違いや「誤字脱字」があった場合には、いつでも 速やかにお取り替えいたします。下記、Abocラベルのブランドマークをお確かめください。

安心の「賠償責任保険制度」

Abocラベルは(社)日本公園施設業協会(JPFA)賠償責任制度の『公園施設団体賠償保険』に加入しています。 万一ラベル製品が原因となって設置・点検作業中または設置後に利用者が怪我をされたり、利用者の物を壊したりした場合、賠償責任を保障する保険制度で、1事故あたり対人5億円・対物2000万円までの保障が適用されますので、施設管理者さまは安心のうえご依頼をいただけます。

製品保証 ― 品質と安全性をお約束します

信頼のブランド「Aboc™ラベル」

Aboc™ラベル「信頼の植物名ラベルブランド」の証として、表示面のクレジットIDと裏面のブランドマークをお確かめください。

コブシ ラベル

植物情報ID(花ペディア™番号)

Abocラベルは4万種類に及ぶ全ての表示内容に6桁の固有識別番号を付与し、その植物情報を一括管理しています。 この番号はAbocの責任編集を示す信頼のクレジットマークです。

ラベル裏

登録商標「Aboc™」「カブトムシ」の刻印が押されています。

業界一の高品質が、ローコスト&短納期

従来より5日早く設置できる短納期を実現しました。

納期について

環境に負荷の少ないラベルの証「エコマーク」を取得しています。

エコマーク エコマーク認定番号 第07131033号

2003年4月21日にエコマークを取得(黒ベース)、同時に「グリーン購入推奨商品」に認定されました。表示面素材にも100%再生(エコリサイクル)樹脂を使用しています。

表示面の耐候性は「10年以上変化なし※

※表層面の色が肉眼による視認性において明らかに判読困難な状態に退色しないこと


Abocラベル 耐候性試験成績表


屋外曝露試験12年経過後の表示面
(2003/11~2015/11)

耐候性試験

ラベル表示面素材アボレーザー(特殊耐候性樹脂板超細密レーザー彫刻)、はサンシャインウェザーメーター試験3000時間(=屋外曝露6~15年相当)および実際の屋外曝露試験(12年経過)を実施、「目視による視認性変化なし」の判定結果が出ております。

耐候性素材の特性・形状

農学博士が考案・農業工学と植物生理学に基づく特許構造

樹にやさしい・取付けやすい・外れにくい

いずれも設置・メンテナンス・管理手間を省力化できる事が新規発明と評価され、ハードの品質が客観的に証明されました。

スプリング式 スプリング式:特許第3091640号

最大3本まで「ワンタッチで取付けられ外れない構造」で特許を取得。幹の肥大成長にあわせて伸びるので、樹にやさしい安全な器具です。

ポール式 ポール式:特許第2954835号

鉄杭で地面にあけた穴にアンカー部を「埋めて踏み固めるだけで回り抜けしない構造」で特許を取得。

吊下げ式 ワイヤー吊下げ式:特許第3168265号

ワイヤーの「留め付けが容易で、外れない構造」で特許を取得。

ラベル・器具はすべて、ISO 認定取得製品。基準に準じて「劣化しにくい・壊れにくい」「いたずら防止」の改良を行っています。

ベース・ジョイント部をさらに強化
ベース・ジョイント部をさらに強化
スプリングを目立たない樹木色に改良
スプリングを目立たない樹木色に改良

38年間全国の林業試験場・植物園・大学・研究機関に導入いただき、専門家のみなさまのご指導のもと、さらなる改良を重ねています。

Abocラベルがさらにグレードアップしました!

ローコスト・短納期

Abocラベルは、ISO9001認証取得企業製品として厳正な品質管理のもと、5日の納期短縮を実現。製品とサービスの改善を重ねながら、業界一の高品質ラベルでの整備を継続いただけるように、ローコストを守ってきました。取扱店・会員専用限定価格のWeb注文システムをぜひご利用ください。

唯一のSPL認定植物名ラベル

一般社団法人日本公園施設業協会(JPFA)より公園施設製品の正式認定を受けた樹名板はAbocラベルだけです。

品質保証と安心・安全


納期や製品選びのお問い合せはお電話で

迷ったらお電話を!ラベルコーディネーターがご提案いたします。 0467-45-5110 (営業時間 月〜金/8:30~17:30)

お見積・図面・サンプルもすぐにご用意いたします

ご相談からお届けまで、通常10日〜ですが、工期が近いお客さまには適宜対応しております。

24時間対応 お見積・お問い合せ メールはこちら

  • 24時間対応 Web見積・注文 標準品は10%OFF!!
  • 初めての方は 新規会員登録はこちら 初回注文からお得になる!

ラベルのご相談メニュー

エコマーク

Abocラベルは
「エコマーク」認定

SPマーク SPマーク SPLマーク Dox A01-03 Rev2 認証ロゴ9001MI-UKAS

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「遊具の安全に関する規準 JPFA-SP-S:2014」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。