公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 【お見積・カタログ請求はお電話でも承ります】(お問い合わせ) 0467-45-5110 平日8:30〜17:30

『樹の本』シリーズ全5巻

  • 約160万部発行のポケットガイド。非売品で、希望者には郵送料のみにて頒布される。
    申込先は(財)三菱UFJ環境財団「樹の本シリーズ」係(TEL:03-5730-0337)へ。
    詳細は同財団のWebをご確認ください。植物図鑑申込用紙
  • 本シリーズの「別版刷り発行」希望者は当社編集部まで(公共的機関のみ)。
  • 樹の本

    樹の本

    樹と仲よしになるためのカラーガイド

    脇坂 誠 総監修・執筆 / 小林義雄 監修・写真 / 泉 宏昌 執筆 / 金井弘夫 分布図 / 豊田武司・福田トシオ・荒井 力 樹形・地図作画 / (財)三菱UFJ環境財団 発行

    約380種類の日本で普通に見られる樹木を「幹立ち」「株立ち」「つる」「針葉樹、特殊形」など木姿から見分けられるポケット図鑑。朝日新聞紙上に紹介されるや全国から約6万部の申込みが殺到したシリーズ初出本。

    [1980/10/15]
  • 続・樹の本

    続・樹の本

    街と庭を緑にするためのカラーガイド

    本間 啓 総監修・執筆 / 坂崎信之 監修・執筆 / 川上幸男・北沢清 執筆 / 金井弘夫 分布図/豊田武司 樹形 / (財)三菱UFJ環境財団 発行

    「今かりに、あなたが自分と最もかかわりの深い場所に樹を植えたいと考えている、とします。わたくしはこのすばらしい計画をぜひとも成功させたいものだ、と思います。」(序章より)

    [1983/10/--]
  • 野草の本

    野草の本

    四季の野に遊ぶためのカラーガイド

    佐竹義輔 総監修 / 菅野邦夫 監修・執筆 / 深津 正 語源・漢字名監修 / 山川散歩・小林純子・稲垣典年・川村カウ・橘 郁・中池敏之 執筆 / 金井弘夫 分布図 / (財)三菱UFJ環境財団 発行

    「華やかに飾る花よりも野辺に咲く小さな花が好き、というあなたに贈る。よく日のあたる散歩道、いろんな思い出のつまった土手や原っぱ、田んぼのふち、野山や林のかげ、ここそこでいろんな名前の花たちと会える。そして、リュックを背負って、たまにはもうちょっと遠出した時、旅した時。あなただけの小さな観察会。成功を祈ります。」(序章より)

    [1987/10/--]
  • 花の本

    花の本

    花と友だちになるためのカラーガイド

    川上幸男 総監修・執筆 / 奥 峰子 監修・執筆 / 上田善弘・田口尚子 編集・執筆 / 坂崎信之・小林純子・成生裕恵・是月アンナ 編集協力 / (財)三菱UFJ環境財団 発行

    「見る花にふと話しかければ、そのまま気持ちが通じてしまう。そしたらもうただの花じゃなくなる。よくがんばってるなと誉めたくなる。とてもきれいだなと告げたくなる。どんな名前かと聞きたくなる。――その花が好きになってしまうと、こんどはいつでも話ができる。」(序章より)

    [1990/03/--]
  • 高山植物の本

    高山植物の本

    高い山の花々と環境を知るためのカラーガイド

    大場達之 総監修・企画・編集・執筆・図版・写真 / 成生裕恵 編集協力 / (財)三菱UFJ環境財団 発行

    5巻シリーズの最終巻。日本各地の亜高山帯から高山の植物観察のための本。普通に見られる509種類の草花を主に、シダ類とコニファーも加え、これらの植物がきびしい環境条件とどう結びついているのかをやさしく解説してある。

    [1992/03/--]

関連情報(『樹の本』シリーズ 全5巻 紹介/山野、庭、公園の樹と仲よしになるためのポケットバイブル)


出版・写真のご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「遊具の安全に関する規準 JPFA-SP-S:2014」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations