公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 【お見積・カタログ請求はお電話でも承ります】(お問い合わせ) 0467-45-5110 平日8:30〜17:30

環境緑化新聞 紹介記事

アジサイ百科

記事画像
2010年8月15日 環境緑化新聞

「2000品種を写真入りで紹介した労作」

アジサイの仲間はアジア大陸と北米南米大陸に多くの種類が分布している。が、今北米大陸の西側にはない。日本はアジサイの原産地でありながら、栽培品種の研究が遅れていた。アジサイ属は白い花を咲かせる種が多く、これはアジアもアメリカも同じ。ところが、アジアには青から紫の花を咲かせるタマアジサイの仲間とガクアジサイの仲間がある。これらの起源もよくわかっていない。ともあれ、アジサイの全貌を掌握するのは難事業だった。日本には15種を超えるアジサイ属の種が野生し、観賞用に改良した栽培品種の数も二千を超す。それを写真入りで紹介した労作。大場秀章・東京大学名誉教授は推薦文で「日本は栽培品種の研究が遅れていたが、本書の登場でようやく世界水準に達した」と褒め称えている。

池田正宏・日本アジサイ協会副会長も「川島先生は、フィールドにたつアジサイ研究の第一人者」であるとし、ヤマアジサイを、鈴鹿を境に「東日本型」「西日本型」そして「韓国型」の3系に分けるなど目と足で確かめた川島流が随所に見られる、と評価。

川島榮生著 アボック社 A5判/624頁

出版・写真のご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「遊具の安全に関する規準 JPFA-SP-S:2014」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations