公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 【お見積・カタログ請求はお電話でも承ります】(お問い合わせ) 0467-45-5110 平日8:30〜17:30

幻の植物を追って

  • 幻の植物を追って

    荻巣樹徳 著
    英国王立園芸協会副会長ロイ・ランカスター 序文
    B5判 / 上製 / 392頁/ 定価 10,286円 / ISBN978-4-900358-63-8 / 完売

    [2008/12/20]

新聞・雑誌紹介記事、書評など

「幻の植物」を求めて/荻巣樹徳(『幻の植物を追って』著者 ) vs. ビートたけし 達人対談


2013年5月号 新潮45

植物探検の達人 荻巣樹徳(東方植物文化研究所主宰 ナチュラリスト) vs. ビートたけし/今回のゲストは百種以上の新種の植物を発見してきたという植物学者。家に帰らず、辺境で「幻の植物」を追うその姿勢は、おいらには想定外、全く真似できないな。

全文を読む


(Abocチラシ) 【推薦の言葉】 大場秀章 東京大字名誉教授 CULTA理事長


2008年12月8日

「植物好きにはたまらない本」

著者は中国四川省の峨眉山とその周辺地域を主たるフィールドとして二十数年に及ぶ植物の調査をされ、数多くの新種発見や、「幻の植物」の再発見など、植物学へ多大な貢献をされている。この地域の植物を自らの調査経験を通して伝えることのできる植物学者・ボタニカルエクスプローラーとして、著者の荻巣さんの右にでる人は、日本はおろか、世界的にもいないであろう。

全文を読む


(Abocチラシ) 【推薦の言葉】 金井弘夫 国立科学博物館名誉館員 CULTA理事


2008年12月8日

荻巣さんの『幻の植物を追って』が増補改訂される。前著は新聞の連載をまとめたもので、文も短く折角の見事な写真も小さくて、著者も読者も隔靴掻痒の感を否めなかった。今回は判も大きく写真も約3倍にふえて、両者ともようやく腹の虫が収まることだろう。

全文を読む


出版・写真のご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「遊具の安全に関する規準 JPFA-SP-S:2014」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations