公共サイン納品実績全国3万件、植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30〜17:30

花卉園芸新聞 紹介記事

日本花名鑑❶

記事画像

2001年(平成13年)6月5日 花卉園芸新聞

アボック社「日本花名鑑」

盛大に創刊記念会開く

約5000種の植物を利用目的、英名、学名、和名、俗名、日本花き取引コードで検索できる花事典として話題を呼んでいる「日本花名鑑」=写真(鎌倉市大船、アボック社、毛藤圀彦社長)の創刊記念会が5月13日、東京・南青山のNHK青山荘で盛大に開催された。

会は発刊に尽力した「千葉大学園芸学部教授・安藤敏夫氏、園芸研究家・小笠原亮氏、編集人・森弦一氏を励ます」意味もあり、編集委員、推薦機関、業界関係団体などから約110人が参加し、フラワービジネスプランナー・村田幸子さんの司会で開会となった。

日本放送出版協会編集主幹の加藤昌一氏が発起人代表として「日本花名鑑の刊行は日本における園芸の隆盛に役立つものと思っております。趣味の園芸の編集部では、花の名前が何かという質問で大騒ぎになりました。この本を読者が持ち、共通本となれば私どもも助かります。この花名鑑は画期的な本、事典ではないかと思います。仕事として花に携わる人、一般の人、環境ビジネス、研究機関でご利用いただけるすばらしい内容、世界同一レベルで仕事できるようになります。ナショナルスタンダードとしてご利用いただけると思います」とあいさつ。

また、続いて、安藤・小笠原・森の三氏が紹介され、坂本新太郎日本公園緑地協会常務理事から英国キュー王立植物園長のお祝いの言葉を添えた祝辞、日本花普及センターの西岸芳雄専務理事からも祝いの言葉が贈られ開宴。アトラクションとしてNHK交響楽団メンバーによる演奏、細谷正之画伯による安藤・小笠原・森、三氏似顔絵などで盛り上がり、刊行への期待の大きさが感じられた。

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations