公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30〜17:30

毎日新聞朝刊(都内版) 紹介記事

日本の帰化植物図譜

記事画像
2010年4月8日 毎日新聞

「帰化植物の細密原画200点」
(森下功氏)

日本の植物画倶楽部(吉田泰子会長)のボタニカルアーティストたちが制作した植物画を集めた「帰化植物画展」がパルテノン多摩(多摩市落合2)で26日から開かれる。会員たちの作品を収録した「日本の帰化植物図譜」(アボック社刊)の出版を記念し、細密な彩色原画約200点が展示される。3月7日まで。

帰化植物は人間の活動と共にかつて存在しなかった土地に生育の場を広げてきた植物。空き地や道ばたなどで見える植物の大半は帰化植物だ、とも言われる。同書によると、3~5月ごろ、花をつける「オオイヌノフグリ」は原産地は遠い西アジアだが、北海道から沖縄まで分布している。日本への渡来が確認されたのは1884年とされる。

身近でありながらあまり注目されることがない帰化植物を見つめ直すことで日本の自然環境を見直すきっかけともなりそうだ。展示作品の「アメリカネナシカズラ」を制作した石川美枝子さんは「見慣れている植物の絵を見て『これも帰化植物だったのか』と驚かれる方が多い」と話す。

入場無料で、期間中は無休。3月1日午後2~4時まで、図譜を監修した大場秀章・東大名誉教授の記念講演会(先着280人)もある。

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations