公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 【お見積・カタログ請求はお電話でも承ります】(お問い合わせ) 0467-45-5110 平日8:30〜17:30

サインリニューアルのための調査・点検・ご提案

サイン調査点検・改修の基準

サイン改修の基準 Before After

※耐用年数は、設置環境・本体素材・表示印刷方法などによって変化します。

※適切な改修時期や程度の診断についてはお問合せください。

サインのライフサイクルコストにもとづくご提案

Abocは、サイン調査点検による総合判定の結果、とくにB、C判定とされたサインに対しては、直ちに最適なご提案プラン(修繕・更新・改修)を検討します。施設全体のサインの状態を踏まえ、段階的な改修計画と実施プランのお見積をご提示いたします。

B判定(修繕が必須な状態)

部分的な部材の交換・溶接や修繕、応急的な補強や塗装だけではなく、現状の劣化に対し、今後のライフサイクルコスト(メンテナンス・修繕・更新にかかるトータルコスト)と、それにもとづく管理計画をご説明・最善の修繕をいたします。

C判定(老朽化や劣化・破損があり撤去)

著しく劣化が進行し、事故につながる可能性が極めて高いサインに対しては、サイン内容の見直しも含めてサインの再制作のご提案をいたします。

公園内サインの効果的な配置計画についても、当社サインのエキスパートがご提案いたします。

サインリニューアルの手順は、まず下記をお読みください。

アボック社のサイン点検・改修のすすめ

アボック社のサイン点検・改修のすすめ

サイン点検・改修事例

情報が古かったり、読み取ることができないサインは、機能しないばかりか、誤認を招きます。
また、劣化状態を放置して破損が生じ、利用者の事故を引き起こさないよう、定期的(※)な点検と改修が必要です。本書の事例にない改修のご要望、他社製品についても速やかに対応いたします。
お気軽にお問い合わせください。

※ 一般的な交換サイクル:シルク印刷 5年・インクジェット印刷7年程度(対劣化)。
なお、表示情報の重要度によって、早急な改修が必要となります。

改修前   改修後 改修のポイント
改修前
改修された施設の現状とそぐわない。
文字もにじんで退色している。
改修後
  • 距離を入れて、わかりやすく。
  • インバウンド対応として英語も
    併記した。
改修前
情報が古く、案内図が
現状とそぐわない。
改修後
  • 現在地と地図の向きがあって
    いないので、向きをあわせた
  • 園内の禁止事項は、ピクトグラム
    にしてわかりやすく整理。
改修前
経年により表示面が劣化している。
表示がピクトグラムしかない。
改修後
  • 配色を再考して視認性が向上。
  • イラストを大きく配置することで
    施設を象徴するシンボリックな
    サインに。
改修前
退色し、チョーキングが起きている。
表示が見え難く、地図情報も古い。
改修後
  • 本体を地域のイメージカラーで
    再塗装。
  • 地図情報の更新、多国語表記。
  • コントラストをつけて見やすく。
改修前
表示がパウチ貼り。
オカピは人気なので一工夫欲しい。
改修後
  • 2基のサインを1基に集約する
    ことでオカピの原寸を再現。
  • 鏡を付けてオカピと自分の舌を
    比べられる仕掛けを追加。
改修前
表示が経年劣化により剥がれている。
内容は変えずにそのまま修復したい。
改修後
  • 印刷板の貼り替え。
  • 団地内なので
    子どもにも親しみやすい配色に。
改修前
表示内容が確認できない程の退色。
本体はまだしっかりとしている。
改修後
  • 表示内容を再現し、板面のみ更新。
    (レイアウトデータを再利用)
  • 支柱と基板を再利用し、
    コストを抑えて改修。
改修前
経年により表示面が劣化している。
表示がピクトグラムしかない。
改修後
  • 本体素材 木材→再生プラスチックへ。
  • より現実に即したピクトグラムに変更。
  • 4カ国語表記によりアジア系観光客の
    増加に対応。
改修前
板面が変色、破損している。
折れ曲がった部分などが危険。
改修後
  • 板面を補修。
  • メリハリをつけたデザインと配色、
    ピクトグラム
    を用いて分かりやすく。
改修前
表示面の劣化、背景と同色で見難い。
板が薄く、通行人がぶつかると危険。
改修後
  • 目的施設のイメージカラーで統一感を
    出し、背景との色差をつけて視認性が
    向上。
  • 通行人がぶつかってもケガのないよう
    表示板の厚みを2㎜ → 35㎜ に。
改修前
今まで必要な
情報サインがなかった。
改修後
  • 緊急時に通行できる門を周知させた
    結果、3.11東日本大震災で効果を発揮。
  • 蓄光仕様で夜間にも対応。

世田谷美術館(誘導・掲示サイン)

  • 改修前
    支柱の劣化。
    掲示面のスペースが不足。
  • 改修後
    掲示面を広くし、
    誘導機能を追加。

世田谷公園(注意サイン)

  • 改修前
    内容が古く、全体が
    退色して見づらい。
  • 改修後
    表示板と表示内容を
    リニューアルし、見やすく。

サイン調査・点検のご相談・申込はこちら

サインのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations