公共サイン納品実績全国3万件、植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30〜17:30

第7回 江戸時代の花たち 書物に見る江戸時代の園芸文化

Flowering in the antique books of Edo era.

解説:小笠原亮(伝統園芸植物研究家・雑華園文庫主人)
Ogasawara Ryo(Author on Japanese Traditional Horticulture, Owner of Soka-en private library)

ご好評をいただいている「花の美術館」の第7回特別展示では、江戸時代の園芸文化の研究家として知られる解説者が、自ら所蔵される古書を紹介いたします。飛躍的な発展を遂げたとされる江戸時代の園芸文化の香りをお楽しみください。
なお、ご紹介するものは、月刊誌『はなみどり』(農村文化社)に「江戸時代の花たち 書物に見る江戸時代の園芸文化」と題して連載(12回、1996年)された記事であり、著作権者でもある解説者と版元の了解のもとに転載しております。

小笠原亮プロフィール


撮影:石川美枝子

1933年 名古屋生。京都大学農学部古曽部園芸場を経て
1957年 名古屋園芸株式会社を設立。
1996年 豊明花き株式会社代表取締役就任、現在にいたる。

実務の傍ら、執筆、講演活動などを通じて、園芸普及に努める。 雑花園文庫主人として江戸期の園芸書を収集し日本の園芸文化史に造詣が深い。

主な著作

  • 『サクラ』(1978年、日本放送出版協会)
  • 『クンシラン』(1988年、日本放送出版協会)
  • 『新しい観葉植物』(日本放送出版協会)
  • 『元気印に育てる園芸救急箱』(1999年、小学館)
  • 『江戸の園芸 平成のガーデニング』(1999年、小学館)

共著に『洋ランポケット事典』(1999年、日本放送出版協会:共著)ほか
『趣味の園芸』(日本放送出版協会)などの雑誌にも執筆

コンテンツ一覧

画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。
※PDFファイルが表示されない場合は、ダウンロードしてから開いてください。


  • 「花くらべ」
     

  • 「立華正道集」
     

  • 「梅譜」
     

  • 「櫻花圖巻」
     

  • 「牡丹名寄」
    「刊誤牡丹鑑」

  • 「花菖蒲培養録」
     

  • 「竹譜詳録」
     

  • 「朝顔明鑑鈔」
    「牽牛品類圖考」

  • 「四季花くらべ 秋」
     

  • 「菊ノ画譜」
     

  • 「桂園橘譜」
     

  • 「金生樹譜」
     

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations