公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

ユリノキという木

1990年3月25日 朝日新聞
1990年3月25日 朝日新聞

一九八一年まで、盛岡市上田の岩手大学農学部構内には、樹齢六十余年のユリノキの並木があった。だが、この年の台風で構内でユリノキを含め何本もの木が倒れたことから、文部省は「倒木で事故の起きるおそれのある木は処分を」という通達を出し、ユリノキ並木も一本を除き、切られてしまった。

ユリノキとは、草花のユリではない。北米原産の巨木をいう。日本では明治始め渡来、新宿御苑に植えられたのが始まりとされる。この本は、ユリノキの形態、日本における渡来のいきさつ、世界各地のユリノキ事情、植栽方法など、木をめぐるありとあらゆる点について書いている。

岩手緑化研究会長毛藤勤治氏を中心に、森林生態学、植物化石、薬用植物学の専門家ら五人の共著。毛藤氏は、元県庁の役人で、牧野造りのために自然林を伐採する仕事に携わり多数の木を切り倒した、という。毛藤さんは「なんとかこれを償わなければ」と、ユリノキの育苗実験に取り組み、木の苗を愛好者に配った。つまり、自然への償いがユリノキに取り組むきっかけになり、この本が生まれた。




営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations