公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

岩手日報 紹介記事

ユリノキという木

記事画像

1990年2月26日号 岩手日報

由来や性質、育苗など紹介

ユリノキは別名「はんてん木」とも呼ばれている。盛岡市・梨木町の山田線踏切のそばから岩手大学の校門に至る道に、このユリノキの並木があった。

生長が早く、真っすぐに伸びるほか、緑の質感あふれる大木になるので記念樹や公園木として人気が高まっている。またクキ割れしないばかりか、腐れにくいので建築用材としても使われ、オルガンやピアノの外囲材にもなるという。

本書は、化石の中のユリノキ、外国のユリノキ、呼び名の由来、花や葉・生長のこと、天然林の性質、用途それに園芸品種としての育苗実験など「ユリノキのすべて」を紹介したものである。

著者は明治四十三年盛岡市生まれ。盛岡高等農林卒。岩手大学講師、盛岡市指定保存樹木保護会員、岩手緑化研究会長をつとめる農学博士。

「昭和二十年代に県が、全県酪農を展開に牧野づくりを進めたとき、担当者の一人として数千万本の木を切り倒した、悔いが残る。これを償うために」と著者は本書を編んだいきさつを「あとがき」で述べている。

著者は、ユリノキを増やすため、植栽用途と生育状況を調べたところ全国の都市の七十三カ所で植栽されていることが分かった。そのうち四〇%が公園や憩いの場に植えられ、用途では街路樹が五二%もあった。

また苗木の量産を試み、失敗を繰り返しながら、ついに一万一千本を育てた、「主に県内のユリノキのお好きな方に請われるままお分け出来たので、いくぶん軽い気分になった」と著者は書いている。

ほかに専門家である四手井鋼英氏(京大名誉教授)村井貞允氏(岩大名誉教授)指田豊氏(東京薬科大教授)らも執筆、本書を支えている。

(アボック社出版局、四六判、三〇一ページ)

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations