公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 【お見積・カタログ請求はお電話でも承ります】(お問い合わせ) 0467-45-5110 平日8:30〜17:30

Aboc毛藤苗木11,000本の植樹・寄贈運動

写真:Aboc毛藤苗木の圃場(岩手県盛岡市加賀野)

写真:Aboc毛藤苗木の圃場
(岩手県盛岡市加賀野)

そうは思わないか
大きな木を次の世代に残そう――と。

ユリノキと私のつきあいも
とうとう二〇年をこえてしまった。
つまるところ、私にとってユリノキは
種を播いて発芽させ、移植するという
もっとも初歩的からしか始まりようがなく、
したがって、終わりようもない関係であった。
(毛藤勤治 著 『ユリノキという木』ユリノキ実験考より)


ユリノキの実生実験

image
1.播種…カーペット状に種子を敷きつめる
image
2.覆土…やや厚目にして足ぶみ踏圧する
image
3.いっせいに発芽した小苗…翌年に発芽するものもある
image
4.移植…約10cmの等間隔に植えるとほぼ均一に生長するユリノキ
image
ユリノキの樹下採苗 このように、種子の飛散を前にして樹の周辺の雑草をとり、軽く耕して苗床をつくる
image
ユリノキの実生苗
image
ユリノキの移植苗 1mほどに育ったユリノキは移植方法をあやまらなければ、ほとんど100%活着する

"償いの木"11,000本の発芽実験・育苗・配布―33年にわたる実践は、ある「使命」によって始まった

昭和30年代に岩手県が全県酪農の旗印をかかげ、乳牛の餌を生産する牧野づくりを進めましたが、この仕事の担当者の一人として県内の自然林約1万7千余ヘクタールの伐採にたずさわりました。

いかに役柄だったとはいえ、数千万本という膨大な数の山の木を伐り倒したことが、悔いとして残り、なんとかこれを償わなければという気持ちにかられてなりませんでした。

盛岡の人びとから「宮沢賢治の母校並木」とよばれこよなく愛されていた岩手大学旧正門前のユリノキ並木、また同世代と思われるユリノキの大木が、盛岡市内のそこここに点在していたことに縁を感じ、償いの木はこれにしようと、ひとり勝手に決めました。

このあと、内外の文献集めとその通読、植栽の調査に並行して採種育苗の実験を進めましたが、発芽しない種子の多いユリノキの泣きどころの解決にはほとほと手を焼きました。

しかし、その間に実生した小苗数は一万一千余本となり、主に県内のユリノキのお好きな方々に乞われるままにお分けできたので、いくぶん軽い気分にひたることができました。

(中略)

しかし、数では大海に浮かぶ流木に等しいものです。だから、このうえは産地のブナ天然林を大事にするとともに、現在まだ残っている低地林の仲の自然林を核として、多くの人々の理解と協力を得て、「不伐の森」を地域的に設け、ここを永久の森、つまりエバーラスティングなエターナルフォレストとして後世に残していく、こうしたことに微力を尽くしたいと考えています。

毛藤勤治 著 『ユリノキという木』あとがきより

毛藤勤治(もうとう・きんじ 1908-1999) プロフィール

明治四三年 岩手県盛岡市生まれ 農学博士

盛岡高等農林学校農科卒(植物生理学)
岩手県畜産課・農蚕課を経て久慈農林事務所長
岩手大学工学部・農学部講師
岩手緑化研究会長・盛岡市指定保存樹木保護委員
盛岡市環境保全等審議会委員
岩手県農業機械協会理事
株式会社アボック社植物資料編纂所長・同社初代会長
平成7年内閣総理大臣表彰 全国緑化推進運動功労者(86歳)

主な運動

「蜜源植物の苗木5,000本植樹運動」
1978年岩手県教育委員会を通じて、県下の小・中・高校730校へ5,000本の苗木(ユリノキ・ハナキササゲ・チョウセンゴシュユ:別名ビービーツリー)を寄贈。
“盛岡市グリーンバンク”へ1,000本寄贈運動
「百万本植樹運動」を促進する“盛岡市グリーンバンク”に1,000本の苗木(ユリノキ、ハナキササゲ各五百本)を寄贈。
「ユリノキAboc毛藤苗木寄贈運動」
1990年IBC岩手テレビ放送を通じて、個人・学校・団体など分譲申込者へ寄贈。
特集)「ユリノキという木―ある花の木の生い立ち」 1990年6月26日放映

著書

寄贈先

各地から寄せられたユリノキ申込みとお礼の手紙

各地から寄せられたユリノキ申込みとお礼の手紙

ユリノキ毛藤苗木寄贈先一覧

ユリノキ毛藤苗木寄贈先一覧

「Aboc毛藤苗木」と緑化運動

概要

Aboc初代会長と社長の故郷岩手県を中心に行った33年にわたる文化的緑化活動。
会長毛藤勤治博士(Aboc植物資料編纂所所長)の手に よって続けられた。Aboc植物資料編纂所(盛岡市)や滝沢町の苗圃・関連研究所が活動拠点となる。

活動内容は①研究②調査③育苗④植樹⑤寄贈の五つ。Aboc植物資料編纂所基金や毛藤勤治博士の私費で行われ、植樹運動は活動趣旨に賛同した 岩手県教育委員会や市町村の緑化関係者・市民団体など、公私をあわせたボランティア活動に発展して、苗木の普及が行われた。
一部の調査研究の概要と成果は『ユリノキという木/魅せられた樹の博物誌』(1989年Aboc刊)で読むことができる。

研究・普及活動の対象植物5種

  1. ユリノキ
  2. チョウセンゴシュユ(ビービーツリー)
  3. ハナキササゲ
  4. クサキョウチクトウ
  5. モスフロックス

育苗・品種改良・寄贈など普及活動の対象植物は樹木と草本合計5種類。樹木ではモクレン科のユリノキを中心に、ミカン科のチョウセンゴシュユ(ビービーツリー)、ノウゼンカズラ科のハナキササゲの三種が選ばれた。いずれも蜜源樹であり花の美しい花木だが、苗木生産がほとんどなく、入手困難なため、 研究の主眼は良質な苗木を大量に育苗する技術の確立と実施におかれた。
また、草本植物ではハナシノブ科から2種、クサキョウチクトウとモスフロックスが選ばれた。いずれも比較的に花が少ない夏の丈夫な花として愛され広く普及している花草だが花色が単調。したがって研究は豊富で様々な花色を選抜育種することを目的に行われた。

いずれも長期間にわたる地道な研究活動であり、植樹までには多くの困難があったが、特に毛藤勤治博士の手によって誕生した樹木は、育苗された 経緯から「Aboc毛藤苗木」と呼ばれ、岩手県下・全国で世代を超えて引き継がれ、成長を続けている。

寄贈先

高校緑化木苗木希望調べ(引渡し 昭和53年4月21日)

 並木周緑木
 コード学校名















































盛岡1060盛岡第一30300030030
1063盛岡第四35351515005050
1064杜陵04040400040
1066盛岡工業05050500050
1068沼宮内000000
1256葛巻03535350035
1254雫石05050500050
花巻1523花巻農業05050500050
1594花北商業05050500050
1524大迫03030030030
北上2019北上農業05050005050
水沢2522水沢農業05050500050
2524前沢05050500050
2576金ケ崎04040004040
江刺3013江刺05050500050
一関3517一関第二20203030005050
3570一関農業30300300030
千庭4075千庭農業05050500050
4019千庭02020200020
大船渡4521広田水産05050050050
4523大船渡工業02020200020
遠野5016遠野03030003030
宮古6023宮古商業03030300030
6024宮古水産05050005050
久慈7016久慈05050500050
7017久慈農業05050500050
7097久慈水産05050500050
山形分校03030003030
 7523福岡0550055
7630伊保内05050500050
7631浄法寺30303030600060
合計6030551457758025011058351103051250

中小学校環境緑化用苗木申込

 市町村名小学校中学校合計
岩手紫波盛岡市351651
岩手町12517
雫石町10111
西根町9211
玉山村12820
滝沢村718
松尾村314
紫波町10313
矢巾町314
小計10138139
稗貫花巻市11718
大迫町9110
石鳥谷町628
小計261036
和賀北上市13518
和貫町538
潟田町617
江鈎子村112
沢内村415
小計291140
胆沢水沢市8311
江刺市12921
前沢町819
金ケ崎町819
胆沢町437
衣川村404
小計441761
西磐井一関市20828
平泉市325
花泉町11213
小計341246
東磐井千庭町7310
藤沢町628
東山町314
室根村538
川崎村213
小計341448
気仙大船渡市9514
陸前高田市8513
住田町538
三陸町549
小計271744
上閉伊釜石市18927
遠野市16824
大槌町9211
宮守村8311
小計512273
下閉伊宮古市21930
山田町9211
岩泉町161127
田野畑村617
新里村448
川井村6511
小計623294
九戸久慈市181028
野田村112
山形村8715
大野村527
普代村415
小計362157
二戸二戸市17522
一戸市22426
浄法寺町617
安代町8210
軽米町12517
九戸村7310
小計722092
 合計516214730

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「遊具の安全に関する規準 JPFA-SP-S:2014」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations