公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

第一章 花の不思議

第二話 種のはなし

種と改良品種

バラ、ランなどは全て作られた品種
その原種の美しさを忘れてはいませんか?


種はシュと読み、ダーウィンの「種の起源」の〝種〟でもある。生物を分類する際の基本単位だ。座右の国語辞典をひくと、種はタネとあり生物学でいうのとはだいぶ異なる。生物学では〝種〟は形態学的特徴と特定の分布域を持っている。細胞遺伝学、生態学、生理学から見ても他の種と異なっているというのが通説。

一般的には両者は混同されていて「種類は?」と聞かれて、純正な生物学的〝種〟のほかに、改良された品種も一緒にして数えてしまうことが多い。

〝種〟だけの場合と、品種を入れた場合とでは、数が一けたも二けたも違ってくる。「あなたの国には植物の種類がどのくらいありますか」と聞くときには、国際的に〝種〟(スピーシーズ=Species)を数えるのが普通だ。〝種〟を表現するラテン名は、いつも属名と結びつけて学名として表現される。例えば、パンジーの学名はビオラ・トリコロールで、スミレを意味するビオラという属名に「三色の」という意味の形容詞の種名「トリコロール」を結びつける。

あくまでも〝種〟が基本で、数多くの改良された品種がそれに付随するわけである。

作物のイネ、コムギなどや、草花のダリア、マリーゴールド、サルビア、カーネーション、バラ、ランなどはいずれも人の手によって改良された品種が多い。

例えば、バラはアメリカバラ協会発行の新品種登録のモノグラフ『モダーンローズ』によると、約1万品種もある。ランはそれ以上だ。専門の植物園などでは、〝種〟の数だけを数えるのが基本である。日本植物園協会の入会資格の一つに、生きた植物5百種以上を保存することとなっているのは、かなり厳しい条件だ。

バラでも、ラン、チューリップでもあふれるほどの改良品種を見慣れている私達は、改良品種のもとである〝種〟を忘れていないだろうか。

数年前、スウェーデンのリンネガーデンを訪れた時のこと。分類見本園の中に、マリーゴールドの〝種〟、アフリカンとフレンチが、それぞれ〝Tagetes erecta〟〝Tagetes patula〟とラベルが付けられ咲いていた。

百年以上も前にスウェーデンに渡来したというメキシコ生まれのマリーゴールドの〝種〟そのものの姿であろう。花の美しさを原点に戻って見直さなければと、その時思った。

書籍詳細

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations