公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

第三章 葉の不思議

第四〇話 りん片葉のはなし

寒さから身を守る〝うろこ〟

まだ小さな葉の芽や花の芽を、寒さや雪から保護
だから熱帯の木にはりん片葉がありません


りん片葉は英語でスケイリー・リーフ。形が魚の鱗に似ているところから名付けられた植物用語。地上茎の基部や地下茎に付くりん片状の葉、冬芽を包む芽りんなどの総称。多肉化したタマネギやユリのりん片葉は日常よく目にする。

秋が深まり、紅葉、そして落葉のあと、木々の枝には冬芽が残る。冬のきびしい低温から芽の中の葉、花の幼い原基を保護するのがりん片葉だ。べっとりと蜜汁が塗られて、念が入っているのはトチノキの冬芽。ヨーロッパのトチノキ(マロニエ)には蜜汁がないから、かんたんな判別にも役立つ。毛布のように柔毛が生えているのがコブシというように、同じりん片葉でもいろいろな外形がある。また、寒さの心配のない熱帯の木には、りん片葉がないのが普通だ。

冬芽と違い、地下茎である球根のりん片葉は、形も役割も異る。例えばユリの球根は、養分が蓄積されて多肉化している。りん片の基部は短縮茎で、1枚から芽が出てくる。だから、りん片1枚を育てあげて、花を咲かせることができる。オニユリ、カノコユリで30枚前後もあるから、大量増殖が容易といえよう。ちなみに、ユリの球根が芽生えると、地中で茎の下部に上根(Stem root)が多数生えて、養分を吸収する。下根(Basal root)は収縮根になり、地上部の安定をつかさどり、2年位で枯死する。

昭和62年のこと、妻と山登り大会に参加した。宿泊先の埼玉県寄居町の古い旅館で、夕食に出たユリキントンは美味だった。苦味があまりなかったから、多分ヤマユリであろう。ヤマユリのりん片葉の先端は、ピンクの細かい点々があり、陽光にあたると、全体がピンクになる。長生きする種類で球根も大きい。

やはり球根が大きくなるカノコユリ(鹿の子百合)は、白花と赤花とがあり、白花はりん片葉が黄色で苦味が少ない。いっぽう、赤花のそれは橙赤色で苦味が強い。同じ種類でも、花色によって味が違うところが面白い。また、オニユリのりん片葉の色あいは黄白色。苦味は少ない方だ。

ユリはりん片で増えるばかりか、種子でもよく増える。台湾の高砂族にちなんだタカサゴユリは、野生の丈夫な白ユリ。種子でどんどん増える。

先日、三宅島の知人が、このタカサゴユリの実生したばかりの苗をたくさん送って来た。葉の付け根に、小さな球根が一人前にできていて、早くもりん片葉がある。夏、公共空き地の法面などに、野草と共にタカサゴユリの白い花を咲かせると楽しい。

書籍詳細

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations