公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

樹木のポリフォニー メタセコイヤ

1991年4月号 たまがわ
1991年4月号 たまがわ

成都から夜汽車で重慶に入った。ここから、長江を下る。かの三峡下りの手前の町、万県まで、まる一日と半日、大河を滑るようにすすむ船中は、とてもたいくつだ。うとうとしながら、めざすメタセコイアのふる里を想う。

メタセコイアによく似た、セコイアという樹がある。樹の名は、チェロキーインディアンで最初に文字を作ったセイチェム(酋長)の名セコイアによる。セコイアは米国西海岸にあって大森林を形成する。

この名にメタ(後のの意味)を冠して、元大阪市立大学教授の三木茂博士がメタセコイアを命名。1941年のことである。三木博士は化石の研究から、メタセコイアを、すでに地球から絶滅した種で、セコイアと異なる新属として独立させたのだった。

ところが、偶然にも、このメタセコイアの生木が同年、中国の奥地で発見されていて、1948年に学会に報じられた。世界をゆるがすビッグニュースであった。

利川がこの生地である。ここまで、万県から車でさらに半日、四川省から湖北省に入る。メタセコイアの原木は、省境ぞいのこの村のはずれ、磨刀渓という小さな部落にあった。それは、ごらんの通りの田んぼの中の一本だった。セコイアの大森林をイメージしていた私の期待ははずれた。

この部落には、ツーチェーという少数民族が住む。土家族と書く。土家族にとってこの木は、身近で有用な木であった。彼らは昔からこの材を棺桶に使っていて、とくに長老が死ぬと、大きな木を切り倒したという。こうしたこともあって、メタセコイアの大樹は、ふる里から消えていったのであろうか。

しかし、メタセコイアはみごとに蘇生した。発見されたこの一本を母樹として、二世、三世、四世のメタセコイアが世界中に広がっていったのである。


メタセコイア(Metasequoia glyptostroboides)スギ科では珍しく落葉樹。30メートルになる。和名はアケボノスギ(曙杉)、中国名は水杉。「生ける化石植物」をして有名。


営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations