公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

撮り続けた写真三万点 遺族が委託

記事画像

1991年3月8日 朝日新聞

景勝地から風物詩まで 民俗学的にも貴重

元全日写連県本部長 故佐々木清八さん

岩手の自然や民俗を撮り続け、元全日写連県本部長でもあった盛岡市天神町の故・佐々木清八さんの写真約三万点が、故人の妻・国子さん(七七)から「盛岡の環境を守る会」副会長の同市加賀野一丁目、毛藤勤治さん(八二)に託された。一枚一枚のネガには克明なメモが付いており、「失われつつある自然の記録写真として、将来的にも価値あるもの」という。

国子さんが、一九八九年六月、夫の一三回忌を機に自宅にある膨大な量のネガを整理しようと考え、毛藤さんに頼んだ。「約三万カットの写真には、時期、場所、被写体の名称など、すべてが細かく記録されていた。ここまで正確に記録された写真は珍しく驚きました」と毛藤さんは話す。

佐々木さんが亡くなってから間もなく、写真仲間が集まり、盛岡市で遺作展も開かれたが、作品はその後、自宅の蔵に埋まっていた。毛藤さんは二ヵ月かけてネガを年月日順に分けてインデックスを作り、佐々木さんの十三回忌に墓前に供えた。

佐々木さんは、盛岡生まれの盛岡育ち。今は解体された国鉄盛岡工場「赤レンガ」に勤める傍ら、七七年八月に亡くなるまで、全日写連の県本部長を十五年間務めた。

七六年には、東京で開かれた全日写連創立五十周年の記念式典で表彰されたほか、数多くの写真コンテストで入賞を果たしている。

残された写真は六〇年代から七〇年代末までのもので、浄土ヶ浜、高田松原などの景勝地からチャグチャグ馬コ、舟っこ流しなどの風物詩まで対象は幅広い。撮影範囲も広く、岩手のほか秋田、宮城まで及んでいる。

国子さんは、亡き夫について「ネガを乾かしているときはゴミがつくからと言って掃除もできない。撮影から帰ってくると『めしくれ』。食べたらすぐ寝る、そんな人でした」と振り返る。現像から焼き付けまで、自分で満足がいくように、すべて自宅の手作りの暗室でやった。

また、野に咲くツキミソウを撮るために、撮影機材、草刈り道具などを詰め込んだトラックで出掛けることもしばしばあった。

「今見ても、それほど新鮮味は感じないかもしれない。しかし、五十年、百年先を考えれば、民俗学的にも、自然の記録としても、貴重な写真です。何とか、しかるべき所で保存したい」と、毛藤さんは話している。


営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations