公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

美しい並木道つくろう 岩手緑化研究会盛岡市に要望

記事画像

1995年3月30日 岩手日報

白い花が密集し景観 珍木なんじゃもんじゃ

盛岡市などの植物研究、愛好者で組織する岩手緑化研究会(毛藤勤治会長)は、同市大新町の市営苗園に植えられている珍木「なんじゃもんじゃ」(ヒトツバタゴ)の並木道をつくろうと活動している。三十日は盛岡市に並木道の造成を要望した。

毛藤会長らが市役所を訪れ「ヒトツパタゴの木は白い花が美しく並木道や憩いの緑地のような場所ができれば観光名所にもなる」と述べ、太田大三市長に要望書を手渡した。太田市長は「珍しい木なので市としても前向きに考える」と答えた。

毛藤会長の調べでは「なんじゃもんじゃ」と呼ばれる木は全国に約三十本あり、樹種も多い。本県では盛岡市・岩手公園にあるニ本のヒトツバタゴが知られている。盛岡市は市営苗園でこのヒトツバタゴ約百本を植栽している。

ヒトツバタゴはモクセイ科の落葉中高木で樹高十メートルに達する。六月上旬ごろに白い花が密集して咲き特殊な景観を醸し出す。なぜ「なんじゃもんじゃ」と呼ばれるかは諸説があるという。


[写真:並未道造成を太田大三市長に要望する岩手緑化研究会の会員たち]


営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations