公共サイン納品実績全国3万件、植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

ヤポネシアの自然博物館

1981年10月27日 南日本新聞
1981年10月27日 南日本新聞

小笠原植物図譜
豊田 武司編

小笠原の植物相は、緯度のズレがありながら、鹿児島県本土の南部から南島につながる“海域”と類似というより、同質の展開を示している。いわばヤポネシアの自然博物館。その収蔵品目録をつくる作業が「小笠原植物図譜」によって初めて手がけられた。

とりあげたのは鹿児島大学名誉教授の初島住彦氏が命名発表したフサナリタコノキなど二百三十五種。国立科学博物館、京都大学霊長類センターなど各分野の研究者三十余人が協力、約三百枚のカラー写真はプロの写真家に依頼した。

固有種百二十四種を重点にとりあげているが、単なる目録でなく、帰化種の侵入や動物とのかかわりなど、生態系の歴史的な変化を動的に描き出す試みがなされている。編者は国立林業試験場の豊田武司氏。

(アボック社、B6判変形上装本三九六ページ。七五〇〇円、並製三一六ページ、二九〇〇円)



営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations