公共サイン納品実績全国3万件、植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

『北米インディアン悲詩』Eカーティス写真集 『森へ』Dキンゼイ写真集

記事画像

1984年2月10日 岩手日報

北米インディアン悲詩 エドワード・カーティス写真集 金関寿夫、横須賀孝弘訳

森へ ダリウスキンゼイ写真集 Dボーン、Rペチェック著 田口孝吉訳


盛岡市出身、神奈川県鎌倉市で「アボック社」を主宰する毛藤圀彦氏が、ニューヨーク・マンハッタンで、二人の写真集に出会い、六年がかりで発刊にこぎつけた。その思い入れの深さを示す豪華本である。

エドワード・カーティスとダリウス・キンゼイは、近年アメリカで高い評価を得ている。二人は十九世紀末から二十世紀初頭にかけて、主にアメリカの西部を舞台に活躍した写真家で、写真の初期い、単に肖像写真を撮ることだけでは飽き足らず、カーティスは白人との接触で“滅びゆく民”となりつつあったインディアンに、そしてキンゼイは原生林を伐採する木こりと巨木に関心を移し、ぼう大な数の写真を残した。

「森へ」は、森林伐採、開拓者の生活、森林鉄道の歴史的記録写真百八十五点を収録。アメリカでは一九七五年出版されて以来版を重ねているが邦訳出版は今回が初めて。「北米インディアン悲詩」は、インディアンの生活と文化の記録と写真百五十点を収録。アメリカでは一九六〇年代後半からこの成果が再評価され、インディアンの歴史的写真として今日最高の位置を占めている。

二つの写真とも、写真技術は抜群で、その写真はアメリカ西部開拓史を目のあたりにするようで楽しい。邦訳出版に当たった毛藤氏は「初めて出会った時。まさに衝撃を受けたが、これは、二人の写真が単にアメリカの西部開拓史、社会史の資料としての価値だけでなく、これを超えた民族の魂をささげる芸術、あるいは近代文明に対する強力なアンチテーゼなどを持ち合せているからだ」と語る。

(「森へ」はB4変型判、二七六ページ。「北米インディアン悲詩」は、同一七六ページ。)



営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations