公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 【お見積・カタログ請求はお電話でも承ります】(お問い合わせ) 0467-45-5110 平日8:30〜17:30

エドワード・カーティス写真集『北米インディアン悲詩』

1984年5月 朝日新聞
1984年5月 朝日新聞

エドワード・カーティス(一八六八―一九五二年)。肖像・風景写真の分野で知られた写真家だったが、モチーフをインディアンにしぼってから、一躍世界的に名声を博するにいたった。

カーティスがインディアンに関心をもったきっかけは、一九〇〇年、モンタナ州のアブサロケ(別名クロウ)族の指定居住地に入り、その生活をつぶさに見たことだった。以来、インディアンを訪ねて回り、『北米インディアン』全二十巻にまとめた。三十年を費やしての労作である。

この写真は、『北米インディアン』の別冊ポートフォリオの中から代表作百五点を選び、二十巻の構成を生かして南西部Ⅰ、平原、高原、北西海岸、カリフォルニア、南西部Ⅱ、北極・亜北極という風に、文化圏ごとに配列されている。地域によってカーティスの主題も違う。大平原や高原地方では老いたる戦士や馬に乗った正装の戦士、南西部の砂漠地帯では住居、女性の肖像が多い。

カーティスの視点には、「滅びゆく民」という面があったにしても、現在、民俗自決を求めてたたかっているインディアンへの理解に、われわれを導くだろう。写真は「アパッチ族の赤ん坊」。

(金関寿夫、横須賀孝弘訳、富田虎男監修、アボック社出版局・一四,〇〇〇円)



営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations