公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30〜17:30

岩手公園の樹木に名札 掛け声だけではダメ―盛岡毛藤さんさっそく寄贈

岩手日報
1976年頃 岩手日報

樹木に名札をつけて欲しい―と市民の間から要望が出されて久しい盛岡市内丸の岩手公園に、市内の篤志家の寄贈でやっと樹名表示板が設置され、同公園を訪れる人たちから「子供の理科の勉強にも役立つ」と喜ばれている。

樹名表示板を寄贈したのは、同市加賀野一丁目の会社顧問毛藤勤治さん(六七)。樹木に直接かけるプレート型、土中に埋め込むボックス型など三種類、四十枚の表示板は特殊樹脂加工で原産地、分布状況、科目などが刷り込まれており、風雨にさらされても大丈夫という半永久的なもの。「緑に名前を」のキャンペーンが全国的に展開されているが、「かけ声だけではだめ、形に残るものを…」と、今回市に寄贈した。

農学博士の肩書を持つ毛藤さんは、自宅庭に育苗施設をつくり、北米原産のユリノキなど数種類の苗木を育てており「百万本植樹運動」を展開中の市“グリーンバンク”にも、ユリノキ、ハナキササゲ各五百本を寄贈した。

ことしで開設七十周年を迎える同公園は、市内で最も古い歴史を持つ。樹種更新や新植が計画的に進められており、現在、約五十種類、数千本が公園内を覆い、憩いの場として親しまれている。

しかし、緑に対する市民の関心が高まるにつれて「これだけ豊富な樹木がありながら、名札がないため何の木かわからない。早く名札をつけて…」という要望が相次いでいた。“台所”が苦しい市当局は、名札の必要性は認めながらも、これまで実施できずにいただけに毛藤さんの善意に感謝、「残る樹木にもできるだけ早く名札をかけたい」と検討している。


営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations