公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 【お見積・カタログ請求はお電話でも承ります】(お問い合わせ) 0467-45-5110 平日8:30〜17:30

木の名前 花の呼び名

記事画像

1981年5月 毎日グラフ「仕事場の窓から (40)」

真鍋 博(文とイラスト)


今年の桜は、もちがよかった。いや、我慢強かった、というべきかもしれぬ。

見頃といわれていた四月の第一日曜日は雨が降って、もう散ってしまったが、と思っていたのに、第二週の日曜日になってもまだ花が咲いていた。今年の冬は寒くて長かっただけに、どの桜もなんとか花を満喫してもらおうとし、花を散らすまい、と必死で努力していたようにも見えた。

マンションの屋上から新宿御苑を見て、その桜のいじらしさ、けなげさを見るにつけ、近くまでいって見ないでは桜にあいすまぬという気がして、新宿御苑へ出かけていった。

ものすごい人手だったが、今年の特徴は、カセットラジオをもった若い人の多かったこと。音響世代の若ものは、バックグラウンドミュージックなしには、花を見ることもできないのであろうか。

苑内を一周して帰ろうと新宿門を過ぎていくと、木に番号がついている。三〇から四〇センチ角のオレンジ色のプラスチック板に、大きく番号がついている。下に小さく「青少年交流協会」とある。これは何事かと、守衛のおじさんに聞くと、“グリーン アドベンチャー”といって、一口でいうと樹のオリエンテーリングなのだそうだ。

番号順に木の名前をあてて、苑内をまわっていく。正解は、管理事務所に出ているという。じゃあ、今日もやっているのですかと聞くと、人ごみを指さして、「このありさまでしょう、とても混雑していて、いまはやれません。毎年、ゴールデンウィークが終った五月の六日頃から、はじめます。

正解を見に行くと、初級、中級、上級とあるらしく、初級は①びわ②さんしょう⑧やつで、中級は③まゆみ④なつぐみ⑥くさぎ⑦あかがし……と、あまり名前も聞いたことのない木になってゆき、上級ともなると、⑤おおもみじ⑨さいかち⑩めたせこいあなどの難かしい木になっていく。

なるほど、これは面白そうだ。

木とのふれあい、縁のある生活なんていっても、木の名前を知るチャンスは少い。苑内の代表的な木は、木の名前の看板が出ているが、できればすべての木に名札をつけておいたら、大人も子どもも名前をおぼえられるのに……と思いながら帰ってきた。

新宿御苑にかぎらず、舗道の木や、小公園、遊園地、駅前などの木、いや木だけでなく草花にも名札をつけたら、植物とのふれあいがうまれるし、名前を知ったら、もっと木や草を大事にしようと思うだろうに。

と、仕事場にやってきた友人は、樹のプレートを売っている会社もあるし、ある銀行が小中学校に樹のプレートを寄贈しているという。

「木と親しくなるには、その木の名前を知る。人間が知りあうのと同じ」という考え方で、小学校を対象にプレートを寄贈しはじめているのだそうだ。

プレートは、十五センチほどの樹脂にアルミ金属板焼付文字をかぶせ、木につりさげたり、木のそばに立てられるようになっている。こういう場合、よくスポンサー名が入るものだが、それが一切ないのがいいと感心している。

木や草の名前を知ることは、興味をもつ第一段階。特に小学生などは、校庭にある木の名前や分類を知り、理科の勉強にもなるし、小学校時代の“緑色の思い出”にもなる。

小学一年生になると、(幼稚園もそうだが)自分の持ち物すべてに名前をつけさせられる。落しものがあっても、すぐわかる。それが三年生、四年生になると、名前のついていない落しものがふえ、ひきとりてのないまま先生のところに貯ってしまうという。

ものに持ち主の名前をつけたり、街路樹に名札をつけることは、それを大切にすることにつながる。オフィスで、社員に名札をつけさせるのも、(管理というより)個人を大切にしようという発想なのだろうが、植物の名札の方が、ぼくにはありがたいし、うれしい。


営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations