公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30〜17:30

花博会場内の植物に名札を

記事画像

1990年 新聞

川崎市 近藤 三雄(東農大教授 41歳)


四月一日の開幕に先立ち、大阪・鶴見緑地の「国際花と緑の博覧会」の内見会に招かれた。相変わらず企業のパビリオンが 幅をきかし、遊戯施設も目立つ。さながら各所で開催されている駅弁博覧会の豪華版プラス遊園地といった様相である。

主役であるべきはずの肝心の花と緑は、会場を飾る道具でしかないというのが率直な感想である。また、本来、この博覧会の最も重要なテーマであると考られる、今後、われわれの生活環境の整備、つまり都市の緑化とはいかにあるべきかということに関する企画が欠如しているように見えたのも残念である。

また、来場者に会場内の花と縁に親しんでもらうことも、この博覧会の重要な意義の一つであるにもかかわらず、温室を除き、会場内を飾る植物には、ほとんど名札が付けられていないことはどろしたことか。

花と緑に親しんでもらうためには、どんなお題目を唱えることよりも、まず名前を知ってもらうことが何よりである。瀟酒(しょうしゃ)なデザインの名札が付けられることを熱望する。外国人の来場者にも分かるように、せめて英名、学名の併記もお願いしたい。

名実ともに花と緑の博覧会とするための、ささやかな提案であるが、関係者にぜひ一考願いたい。


営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations