公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

第一章 花の不思議

第一七話 花の開閉のはなし

昼に月を見る花もある

サクラは夜でも起きていて、シクラメンは1カ月咲きっぱなし


花が開いたり閉じたりするのには、太陽の光と熱とが深くかかわり合っている。ところが開花時間は花によっていろいろ異なるから面白い。

春咲くサクラやチューリップは、夜が明けて太陽が昇り、気温が温かくなると花開く。チューリップは日中の光の最も強いときには平らになるほど開き、夜になると閉じて筒状になる。サクラも同じように夕方になると閉じるとされているが、夜桜というように夜でも完全に閉じたりはしない。

アサガオは早朝に開くというが、太陽が出てくる明け方より早いこともある。種類、季節、場所によって違うが、早いもので午前3時に咲くという。自然状態で暗くなってから約8時間後に律儀に咲くのがアサガオの習性のようだ。野山にごく普通にあるハコベは午前10時頃には閉じるが、日かげにあるハコベの花は午後になってもまだ咲いている。タンポポの花は日中でも曇りや雨の日には閉じるが、雨があがり陽光がさしてくるとぱっと開く。ヨーロッパ生まれの多年草でキク科のバラモンジンは、その紫の花を午前10時には開き、正午すぎには閉じてしまう。人によると、いやもっと早く明け方の4時頃から開くともいう。

筆者宅のプリムラ・ポリアンサやシクラメンは、咲いたり閉じたりというより、咲きっぱなしで10~30日と続き、閉じたときは終わりだ。ラン類も同じでシンビジュームなど同じ花が1ヵ月以上も開いたままである。

ツキミソウ(月見草)、ヨイマチグサ(宵待草)、いずれも夕方になり光がうすくなってから開くグループで、翌朝日がさしてくると閉じる。ところが、最近めっきり道ばたなどに増えてきたのがヒルザキツキミソウ(昼咲月見草)。白花が基本だが、桃色にちょっと色づいたのもある。日中に月を見るという名前からしても愛嬌のある花ではないか。また、人々が寝ようかと思うころ、夜9時前後に花開く多肉植物の月下美人は朝になると閉じてしまう。

インド生まれのアオギリ科の一年草、ゴジカ(午時花)は午時(日中の12時)に咲いて夕方までには閉じてしまうし、野生のスイレンであるヒツジグサは未の刻(今の午後2時)に花開き夕方6時には閉じるという習性がある。ところが、熱帯スイレンには夜に咲くものもある。種類は違うが、ユウガオ、ヒョウタン、カラスウリなども夕方開いて、翌日の朝閉じるグループである。花の命は短くてというが、さまざまな形の、開いて閉じての花の生態を紹介してみた。

書籍詳細

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations