公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

第四章 幹の不思議

第六〇話 茎幹のはなし

大切な栄養の通り路

ご存知ですか?三角、四角、六角の茎


茎を英語でいうとステム。幹は木で太いからメインステム、またはトランクともいい、後者の方が一般的だ。どちらも、根の上部にあり、植物の体を維持するのが役目。しかも、先端に生長点があり、伸長を繰り返し、葉、花、果実を付ける。そのうえ、根からの水、養分、葉からの栄養物質を休むことなく往来させている、重要な通り道でもある。

その形や大きさもさまざまで、タンポポ、シダのように、茎が短縮して目立たず、根からいきなり葉が付いているように見えるものから、とてつもなく大きくて、高さが160m以上にもトックリヤシ、トックリラン、ボトルツリーの幹だ。根ぎわがトックリ形に肥大していて壺状植物ともいう。

トックリを含めて、茎、幹は丸いと思っている人が大部分と思う。確かにそうだが、変わりものもある。

四方竹の稈(中空の茎)や四角ヒマワリの茎は四角だし、畳表のイグサの仲間には三角のサンカクイがある。多肉植物のユーホルビア・トリアングラリスは六角形の茎をもつ。

カニバサボテン、シャコバサボテンは主婦に人気があるが、偏平で緑の部分が葉なのか、茎なのか首をひねっている人も多い。葉のように見えるが、本当は茎で、形態的に葉状茎という。真夏の夜に咲くあやしい美しさの月下美人も葉状茎に白い花が付く。

ネジキはその名の通り、幹のねじれが特徴であるツツジ科の落葉樹。

造型的に美しいのはソロノキ。植物図鑑はアカシデで引いた方が早いが、幹のねじれの解説はほとんどない。ところが、武蔵野の雑木林を散策した人なら、ああ、あれかと思い出すだろう。とりわけ木枯らし吹く冬の情景は印象的だ。

さて幹を暑さ、寒さ、乾燥から昼夜守っているのが樹皮。古い皮が剥がれ、新しい皮の誕生を繰り返すのは生長している証拠。時には美しい肌合いを露呈して人の目も楽しませてくれる。夏にはその意味でプラタナスがせっせと衣替えしている。シラカバのように美しい肌を見せているのに知らん顔の通行人も多い。

こまかくいうとプラタナス・オリエンタリス(スズカケノキ)、プラタナス・アケリホリア(モミジバスズカケ)が学名である。しかし、兄弟でもあるプラタナス・オキシデンタリスはアメリカスズカケノキといい、ざらついた縦みぞの醜い樹皮だ。美しい台湾産のシマサルスベリの白さはよりすばらしいが、なぜか街路樹では少ない。

このように、茎、幹といっても汲めどもつきせぬ働き、役割、顔つきがある。庭や公園の木や草を見たり、手がけたりするときの基礎知識として知っておくと、観察の楽しみが倍増する。

書籍詳細

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations