公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 【お見積・カタログ請求はお電話でも承ります】(お問い合わせ) 0467-45-5110 平日8:30〜17:30

アイヌ語起源の植物名

著者:北海道環境財団理事長 辻井 達一

著作権について

1.アイヌの名付け方

アイヌ語起源の植物名、というと、何だかたくさんありそうだが、実はそう多くはない。数えるほどしかないのだ。それは早くからいわゆる和名が付けられてしまったこともあるが、もう一つにはアイヌ語で名前の付け方が、和名とはいささか異なることにもよる。

アイヌ語学者の知里真志保博士によると「アイヌ語には元来、植物の名前は無い。部分の呼び名はあっても、植物そのものを呼ぶアイヌ名というのは無いのだ」そうだ。

たとえばオヒョウというニレ科の木は、Atu-ni(アッ・ニ)だが、Atは有名な樹皮布At-si(アッ・シ)を採る樹皮を指す。「その樹皮を持つ・木(ニ)」、あるいは「Atu(アッ)を採る・ni(木)」という意味での呼び方なのだ。

まず最初にこうした「付け方」あるいは「呼び方」があるのだ、ということを述べておいて次回から幾つかの植物に採用された例を挙げてみよう。

2.オヒョウ

オヒョウの葉
オヒョウの葉
葉の基部がいちぢるしく左右非対称になっている

前回に例として挙げたニレ科の高木オヒョウ(Ulmus laciniata)は、その葉が不整形でヤマグワなどと並ぶ異葉性の代表格だが、オヒョウのそれは群を抜いていて葉身の先は何かに噛みきられたようなぎざぎざだ。

そこで、その不整形から、魚のオヒョウ、つまり大型のヒラメの仲間に見立てることがある。しかし、そうなるとオヒョウという魚の名前が先にあったことになるわけで、それは無かろう。第一、幾ら似ていると言っても魚のオヒョウはあんなに不整形ではない。諸説はあるものの、これはやはりアイヌ語のオピウ Opiw が元だ、と考える方が自然だ。

もっとも、これは樺太(サハリン)の言葉で、北海道のアイヌ名ではない(知里真志保:分類アイヌ語辞典:植物編)。それがどのようにして日本語として持ち込まれたかは明らかではないが、魚のオヒョウは北洋に多いから、まず魚に命名されたことは考えられないことではない。


〔植物名入門〕各著者(50音順)プロフィールとこれまでのエッセイ

芦田 潔(社団法人日本おもと協会理事)
プロフィール伝統園芸植物「オモト」の銘を考える

岩佐 吉純(岩佐園芸研究室主宰)
プロフィール園芸植物の命名考

荻巣 樹徳(ナチュラリスト):準備中

乙益 正隆(ナチュラリスト・植物方言研究家)
プロフィール植物方言採集秘話

金井 弘夫(国立科学博物館名誉館員)
プロフィール植物の名前を考える

管野 邦夫(仙台市野草園名誉園長)
プロフィール花の名前にご用心

北山 武征(財団法人公園緑地管理財団副理事長)
プロフィール緑・花試験うらばなし

許田 倉園(元:玉川大学教授)
プロフィール植物名に現れた台湾の固有名詞

坂崎 信之(植物プランナー)
プロフィール謎の植物誌

佐竹 元吉(お茶の水女子大学 生活環境研究センター)
プロフィール生薬名の混乱

下園 文雄(元:小石川植物園)
プロフィール小石川植物園に渡来した植物たち

杉井 明美(園芸家)
プロフィール気になる園芸品種

立松 和平(作家)
プロフィール花の名前

辻井 達一(北海道環境財団理事長)
プロフィールアイヌ語起源の植物名

豊田 武司(小笠原野生生物研究会)
プロフィール小笠原の植物

中村 恒雄(造園植物研究家)
プロフィール園芸樹木の変わりものたち

福屋 正修(ナチュラリスト)
プロフィール植物名学入門

藤本 時男(編集者・翻訳家)
プロフィール「聖書の植物」名称翻訳考

三上 常夫(編集者・翻訳家)
プロフィール造園植物の名前の混乱

水野 瑞夫(岐阜薬科大学名誉教授):準備中

山本 紀久(ランドスケープアーキテクト)
プロフィール実と名が違う造園植物

出版・写真のご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「遊具の安全に関する規準 JPFA-SP-S:2014」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations