公共サイン納品実績全国3万件、植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

小笠原の植物群

1981年10月19日 朝日新聞
1981年10月19日 朝日新聞

小笠原は熱帯圏に属しているが、北の限界に近いため熱帯、亜熱帯植物のほか本州中・南部の植物と関係深い暖帯性のものもある。

丘陵から山地にかけての森林は、多くが小笠原の固有種で作られている。山腹地や谷間のやや湿気の多いところにはヒメツバキやモクタチバナで代表される高木林がある。山地の風当たりの強い斜面にはコバノアカテツやシマイスノキなどの低木林が形づくられている。

これらの植物を十年余のフィールドワークで総合的にとらえた。生態写真三百枚(カラー)と図版二百三十一枚を収録している。(豊田武司編『小笠原植物図譜』=アボック社、二九〇〇円、箱入り上製本は七五〇〇円)



営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations