公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 【お見積・カタログ請求はお電話でも承ります】(お問い合わせ) 0467-45-5110 平日8:30〜17:30

“滅びゆく民”を30年がかりで撮影

記事画像

1984年2月8日 夕刊フジ

前世紀末から今世紀初めにかけ、米国西部を舞台に活躍した写真家、E・カーティスが、“滅びゆく民”インディアンを30年がかりで撮った写真集。原本の民族誌「北米インディアン」は20巻に及ぶぼう大なものだが、本書は原本の別冊ポートフォリオから代表作105点を選び文化圏ごとに配列。またインディアンの口承文学の詩と説話が収録され、芸術性とともに貴重な歴史資料となっている。

有名なアパッチ族のジェロニモのしわがきざまれた顔、勇名をはせたオガララ族のレッド・クラウドの白髪で盲目の姿をはじめ、風習、儀式、日常生活など、米国の西部開拓時代のインディアンのようすを伝えるとともに、“滅びゆく民”の魂を写し出している。

当時はまだ自動車はなく。写真技術も黎明期で、カーティスは馬の引くワゴンに重いガラス乾板を乗せ、西部各地を歩き回った。アリゾナでは洪水にあい、貴重な乾板数百枚がフイになったこともある。また、白人に心を開かないインディアンから4回も狙撃されたという。

しかし、カーティスの仕事が“民族の永遠の記念碑”を作ることだとわかると、部族から部族へとカーティスの名前が伝えられ、積極的に協力するようになった。時の大統領、セオドア・ルーズベルトは仕事の重要性を評価、第1巻に序文を寄せ、財閥J・P・モーガンも資金を援助するなど各界から業績を認められた。

スー族の聖者、ブラック・エルクは「伐られて、ほとんど殺された『聖なる花咲く樹』がまた生き返るまで、三代かかる」と予言したというが、本書はそのよみがえりの兆しともいえるだろう。



営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations