公共サイン設計実績全国5万件、植物名ラベル納品実績全国350万ヶ所。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 【お見積・カタログ請求はお電話でも承ります】(お問い合わせ) 0467-45-5110 平日8:30〜17:30

巨樹・この顔もたぬ屹立する生物の殺戮

記事画像

(掲載年不明)3月30日 週刊ポスト

森へ ダリウス・キンゼイ写真集

D・ボーン R・ペチェック 著 / 田口孝吉 訳 / アボック社出版局 刊


えぐる者に露出する不安

<巨樹の専制>

はじまりはポートレート。男とその妻。娘。両親。つまり家族の。家。部屋。ひらけゆく西部の町の。男の目が暗い欲望で光るようである以外、とくに変わったところはない。どの顔も日常のやわい影をおびている。

ついで樹。河に集積された。貨車に積まれた。つまり伐り倒された。それから、立っている樹。たとえば周囲三十メートルにおよぶ杉の巨樹だ。

にわかに空気が変わる。町が退きはじめる。家族が退いてゆく。さらに新たな巨樹。もう一本。いずれも樹齢数百年をかぞえるものばかりだ。それがつづけざまに重ねられる。退いていたものが消える。完全にしめ出される。空気はいまや非人間的な力で張りつめるようだ。

巨樹の専制。眼前にあるのはD・H・ローレンスが「唇も眼も心臓も持たぬ驚嘆すげき巨人。かつて顔を有したことのないこの屹立する生物」とよんだ当のもの、それも一部ののみだ。顔をもたぬ屹立する生物は、いわば下腹のみで、世界を領してしまっているのだ。

しかし、この下腹はえぐられている。深ぶかとえぐられて、巨鯨の口さながらぱっくり開いている。

傷口に、三人の男たちが入りこんでいる。中央の腰かけた男をはさんで、左右に寝そべってふたり。彼らをはさんで左右にさらにふたり。こちらは傷口の下に打ち込まれた板の上に立つ。手に長い柄の斧を携えている。彼らがえぐった者らだ。板はそのおきの足場である。

彼らはポーズをとっている。 えぐり、さらに切り倒そうとする獲物を前にした記念写真だ。 撮影するのは、あの暗い熱望で光るようだった目をした男である。姿をみせぬこの男のみが、すべてが退けれれるなかで、ここに残った。殺しの現場に写真機を据えたのである。

血がほとばしったはずだ。顔をもたぬ屹立する生物は、地と空へ同時にむかう。すなわち天界と冥府を円環によらず、二方向への垂直運動で貫通しようとする。じたい宇宙的な意志の試みである。D・Hがいうように運動のさなか、その樹液の血は「大いなる円注を喚き攀じる」。えぐった者らは、血をあびたはずだ

しかし、巨樹の専制はまだと…



営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations