公共サイン納品実績全国3万件、植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30〜17:30

静岡県立大から名誉博士号の「ブラジルの牧野富太郎」橋本梧郎さん

記事画像

2001年12月1日 朝日新聞「ひと」

「プラジルの花と恋して70年」。差し出される色紙に、こうしるしている。

静岡の旧制掛川中(現・掛川西高)を出て21歳の34年、移民としてブラジルに渡り、独学で植物採集と研究に打ち込んできた。

なぜ植物? 「理屈なんかない。人間より自然、植物が好きだっただけさ」

当時、自由に行けた海外が、プラジルだった。「当地の植物が豊富さというのでね」

渡航する前、静岡や岐阜などで採取し、国立科学博物館に寄贈した約4千点の標本の相当数は、いまも博物館に保存されている。

農業試験場などで働くかたわら収集した標本は、約15万点。個人レベルでは世界最大規模といい、「プラジルの牧野富太郎」といわれる。牧野は、日本を代表する植物学者だ。

88歳とは思えない記憶力だ。46年ぶりに故国に帰った80年以降の来日記録が、よどみなく口をついて出る。

アマゾン地域に入るようになったのは70歳をすぎてからで、前後6回、いる。「自然破壊はすさまじいですね」

ラテン語やドイツ語も独学している。2168種の薬草を分類・編集した「ブラジル産薬用種物事典」などの業績で99年には、吉川英治文化賞を受けた。

この10月、静岡県立大の名誉博士号授与式のため来日し、プラジルの貴重な標本30種を寄付した。

少年のころから『種の起源』のダーウィンが大好きだった。「その足跡を追って、最近ガラパゴス諸島、この1月にはパタゴニアへ」行ってきましたよ」

文・写真 松村 崇夫


65年、ブラジル国籍を取得。「仕事上、日本国籍だと不便だったから」


営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations