公共サイン納品実績全国3万件、植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30〜17:30

橋本さんが大著上梓 二千ページを十年かけ

記事画像

1997年 (掲載誌不明)

植物学者の橋本出郎さん(84)はこのほど、研究から執筆まで十年以上を費やした二千ページ余りの大作「ブラジル産薬用植物事典」を出版した。橋本さんに協力してきた博物研究会(越村建治会長)の 関係者は「ブラジルの薬用植物を広く網羅しており、もうこれ以上のものはできないだろう」と話している。

一冊五百レアルで受付

「薬用植物事典」は、ブラジル産の薬用植物二千百六十八種を掲載。各種類について、学名、名前の登場する文献名、異名、形態、用途などを紹介している。検索しやすいように科、属ごとに配列した。後半部分には、橋本さんの手書きの植物図や各種類の分布図をふんだんに付けている。一般の人から専門家まで広い用途が可能なのが特徴という。

これまでにブラジルでも薬用植物事典は作成されているが、植物の分類がはっきりしなかったり、古い学名をそのまま使っていたりした。このため、「きっちりしたものを自分で作ろうと思った」という。

一九八一年から、日本お豊田財団の研究助成を受け、資料の整理など事典の準備に取りかかった。「文献からカードにデータを写し、これを年代順に並べなおす。コンピューターを操作できれば、もっと早かったのだろうけど、これに一番手間がかかった」。

標本の収集に出かける一方、家にいる時は、半日は事典の仕事をしていた。九〇年から五年がかりで執筆し、ようやく出版にこぎつけた。「今、人のできないことをやったと気分で、満足している」。

事典は全部でし七百部を印刷した。五百部を日本で、二百部をブラジルで販売する。日本では丸善が取り扱う。ブラジルで購入を希望する人の問い合わせ先は、博物研究会のアライ・ジュリさん(278・7953)。定価は七万二千円だが、ブラジルは予約期間に限り、五百レアルで手に入る。

また、六月三十日にはイタケーラ区ジャメス・リベイロ・ライト街六一八番で、イタケーラ標本館の仮落成式を兼ねて、事典の出版記念を開く予定。開始時間は未定。


(写真:大著を持つ橋本さんと関係者)


営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations