公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

第一章 花の不思議

第七話 葯のはなし

からくり秘めた〝花粉袋〟

虫が触れると〝噴出〟や〝運動〟をくりかえす
花たちの受粉のからくりはまだまだたくさんあります


植物用語には、難しい字がよくある。葯もその一つ。簡単に「花粉袋」といえば、親しみやすいだろう。種子植物の花粉を入れる器官で、雄ずいの面上につく。被子植物では花糸の先にある左右2個の花粉嚢から成りたっている。花粉の袋であるだけに、葯は雌ずいの柱頭で受粉されるのが大きな役割といってよい。その役割の果たし方は、昆虫や風などの媒介によるものや、花糸の運動によるものなど様々だ。とくに面白い葯のメカニズムを紹介する。

ヒガンバナの雄ずいや雌ずいは花弁などの花被片と同じ色で長く突き出てそりかえる。燃えるように咲く姿は芸術的だ。黄色いショウキランもこの仲間だ。

ヤマユリ、サクユリ、カノコユリなどのユリ類は、葯が丁字形。ところが、古くはユリの仲間だったウバユリは丁字形をしていない。ベゴニアの仲間シュウカイドウ(秋海棠)は、ピンクの花で雌雄同株。雄花が早く咲く。雄ずいは球状に集合して黄色い。後から、黄色の球がない雌花が咲く。真夏の花マツバボタンは雄ずいに昆虫の足が触ると左右前後に揺れ動く。花粉が噴出して雌ずいに付きやすくなる。

スパーマニア・アフリカーナというアフリカ原産の低木はフヨウの形に似た白い小さな花を付けるが、昆虫が花に触れると、刺激で雄ずいと仮雄ずいが次第に曲がって雌ずいに近付き、受粉する。私は、ドイツのボッフム大学植物園で初めて見た。指で触っただけで曲がったことが忘れられない。

シャクヤクは中国などが原産だが、今ではヨーロッパでも一年を通じて切り花として出回っている。改良品種の多い植物だ。

日本でも品種改良が盛んで、江戸時代以来多くの新しい品種が生まれた。「金しべ咲き」は美しい金色の葯が異常に発達して大きくなる。だが、花粉ができない珍しい葯だ。また、「翁咲き」は雄ずいが発達、細長い花弁が美しいが、葯は全くない。別の品種の花粉を持って来て受粉させるしかないということだ。

ヤグルマソウは秋または夏の終わりが種まきシーズン。春になって花が咲いたらチョウやハチが葯に触れることによって、花粉が盛んに噴出する様子をよく見て欲しい。ふだんなにげなく眺めている花たちの器官には、このように興味深いからくりがたくさん隠されている。

書籍詳細

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations