公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

第三章 アパラチア山麓のユリノキ

四、ユリノキ天然林の植物相

アメリカ林業技術者協会発表の記録(一九五四年)によると、ユリノキが、ほかの樹木と混生して林を造るとき、その構成を区分すると、ユリノキが主体になる植生は四型、ユリノキが従になる植生は一二型に分けている。

たとえば、ユリノキが主体になる植生型は次のとおりである。

  • ユリノキだけ
  • ユリノキとツガ
  • ユリノキとシラカシ・アカガシ
  • ユリノキとモミジバフウなど

また、ユリノキが従になる場合の主林木には、次のようなものがある。

  • ストローブマツ・ツガ・クリ・カシ類・ヒッコリー・サトウカエデ・カキ・テーダマツ・アメリカブナ・モクレン類・沼沢地クルミ類など。

アパラチア山脈の天然林内のユリノキは常に最上層木としての地位を保っているが、それではユリノキの弟や妹にあたる下層部には、どんな種類の樹木が生き抜いていたのか。これについても、シェンクが観察した結果をあげるのが最も理解が容易であろう。

山岳天然林

まず山岳種について見るのに、ここの天然林の第一相の構成種としては、つぎのようなものが掲げられている。

  • クリ属デンタータ( Castanea dentata )アメリカグリ
  • コナラ属アルバ( Quercus alba )アメリカシラガシワ
  • コナラ属ボレアリス( Quercus borealis

また、第二相の構成種としては、

  • ツガ属カナデンシス( Tsuga canadensis )カナダツガ
  • マツ属ストローブス( Pinus strobus )ストローブマツ
  • トチノキ属グラブラ( Aesculus glabra )アメリカトチノキ
  • トチノキ属オクタンドラ( Aesculus octandra )キバナトチノキ
  • トネリコ属アメリカーナ( Fraxinus americana )アメリカトネリコ
  • ペカン属グラブラ( Carya glabra
  • ペカン属アルバ( Carya alba
  • ペカン属オバリス( Carya ovalis
  • ペカン属オバータ( Carya ovata )ヤエガワヒッコリー
  • ペカン属コルディフォルミス( Carya cordiformis
  • ハリエンジュ属プセウドアカキア( Robinia pseudoacacia )ニセアカシア
  • ニッサ属シルバチカ( Nyssa sylvatica )ツーベロ
  • ハレシア属モンテイコラ( Halesia monticola )アメリカアサガラ
  • オキシデンドルム属アーボレウム( Oxydendrum arboreum
  • カエデ属ルブルム( Acer rubrum )アメリカハナノキ
  • シナノキ属グラブラ( Tilia glabra )アメリカシナノキ
  • カバノキ属レンタ( Betula lenta )アメリカミズキ
  • サクラ属セロチナ( Prunus serotina )バージニアザクラ
  • クワ属ルブラ( Morus rubra )アカミノクワ
  • クルミ属ニグラ( Juglans nigra )クログルミ
  • ブナ属グランディフォリア( Fagus grandifolia )アメリカブナ

なお、ユリノキの生育している傾斜地の上方には、よく同属のモクレン属アクミナータ( Magnolia acuminate )キモクレンが成立しているが、この場所へ次第にユリノキが移って行く傾向が見られる。

さて、以上の二〇種に余る第一相、第二相の樹種を紹介したが、天然林にはさらに下層の植生があって、以下のほか、アザレアの仲間などが見られる。

  • ミズキ属フロリダ( Cornus florida )ハナミズキ
  • マンサク属バージニアーナ( Hamamelis virginiana )アメリカマンサク
  • ツツジ属マクシマム( Rhododendron maximum )ダイセキナン
  • ハナヒリノキ属レクルバ( Leucothoe recurva
  • ニシキギ属アトロプルプレア( Euonymus atropurpurea )ワホウノキ
  • ピルラリア属プベラ( Pyrularia pubera

ただし、中部テネシー州やケンタッキー州の石灰岩土壌では、コナラ属アルバ( Quercus alba )・サトウカエデ( Acer saccharum )・ブナ属グランディフォリア( Fagus grandifolia )などが主な随伴種となっているし、石灰砂土の土壌環境をもつキューバランドの山並では、コナラ属のアルバ( Quercus alba )およびベルチナ( Quercus velutina )、そしてペカン属アルバ( Carya alba )が成立している。

低地天然林

低地森林の場合では、コナラ属ニグラ( Quercus nigra )および同属のフェロス( Quercus phellos )などが代表樹種であって、これに混交樹として、つぎの樹種が成立している。

  • コナラ属リラータ( Quercus lyrata
  • コナラ属パゴダエフォリア( Quercus rubra var. pagodaefolia
  • ニレ属アメリカーナ( Ulmus americana )アメリカニレ
  • フウ属スティラキフルア( Liquidambar styraciflua )モミジバフウ
  • トネリコ属ペンシルバニカの変種( Fraxinus pennsylvanica var. lanceolate
  • カエデ属ルブラム( Acer rubrum )アメリカハナノキ
  • ニッサ属アクアチカ( Nyssa aquatica )ツーベロゴムノキ
  • ヤマナラシ属ヘテロフィラ( Populus heterophylla
丘陵地天然林

オハイオ州の丘陵地では、ユリノキは山峡の典型的な樹木となっていた。傾斜地の上部に沿って、クリと若干のツガ林ができあがっていて、その林内には以下のものが見られる。

  • ブナ属グランディフォリア( Fagus grandifolia )アメリカブナ
  • コナラ属アルバ( Quercus alba )アメリカシロガシワ
  • コナラ属ベルチナ( Quercus velutina )クロガシワ
  • クルミ属シネレア( Juglans cinerea )バタークルミ
  • ニッサ属( Nyssa sp. )
  • ペカン属( Carya sp. )
  • クワ属ルブラ( Morus rubra )アカミノクワ
  • カエデ属ルブルム( Acer rubrum )アメリカハナノキ
河床地天然林

イリノイ州の河床地およびインディアナ州のウォバシュ川の河床低地には、枝下高が二〇メートルを超すユリノキの林分があって、二〇本の平均樹高四四メートル、胸高周囲六メートル(一八七二年『アメリカン ナチュラリス』誌)といわれる。その随伴樹は、つぎのとおりである。

  • コナラ属アルバ( Quercus alba )アメリカシロガシワ
  • コナラ属ベルチナ( Quercus velutina )クロガシワ
  • ペカン属( Carya sp. )
  • スズカケノキ属オキデンタリス( Platanus occidentalis )アメリカスズカケノキ
  • ニッサ属( Nyssa sp. )
  • ブナ属グランディフォリア( Fagus grandifolia )アメリカブナ
  • ニレ属アメリカーナ( Ulmus americana )アメリカニレ
  • ニレ属フルバ( Ulmus fulva
  • カエデ属サッカルム( Acer saccharum )サトウカエデ
  • トネリコ属アメリカーナ( Fraxinus americana )アメリカトネリコ
  • クルミ属ニグラ( Juglans nigra )クログルミ

天然林内のユリノキは、大きい煙突のようにまっすぐな幹を形成し、幹の太さにくらべて少し小さく思われる樹冠を林の最上層部に繁らせ、第一相と第二相の構成種から下層植生や随伴樹種にいたるまで多くの弟妹たちを見守りながら、超然と生育している。

現在、アメリカの有識者たちによって、このようなユリノキ天然林に対し、偶然の更新より幾倍も効果のあがる人工的処置の即時実施が強く叫ばれている。

ユリノキの食害

森や林にも実りの秋があって、そこに棲む動物たちは思いきり飛び歩いて木の実などを飽食できるが、やがて冬が訪れて白いものが落ちはじめると、食糧環境は一変し、長い窮乏の生活に入る。

ノウサギやノネズミたちは寒い冬を生き抜くために、手当たりしだい、木の根や皮を噛り、大きな樹木までにも被害を与える。

青森県の下北に棲むニホンザルや、岩手県南の五葉山に棲息するホウシュウシカたちも、雪のなかで樹木の冬芽を噛ったり樹皮をむいたりして、耐乏の生活をつづけながら遠い春を待つ。

このように、森林の多くの樹木や林床植物はマンマル( Mammal=哺乳動物)とかかわりがある。

まず初めに、ユリノキに被害をおよぼす代表的な獣類としては、オジロジカがあげられている。アメリカの森林の中で、このオジロジカが何かの原因で急に棲息密度が高まり、食物の供給が十分でない年にかぎって、早春に垂れさがったユリノキの枝の新芽を食害する。この現象は林内に放牧した牛馬や羊類が食べる草の足りない状態になったとき、ユリノキの葉を食いちぎるのと同じようなものだ、とアメリカの森林官がいう。

すなわち、オジロジカや放牧の家畜たちは、食糧事情がせっぱつまればユリノキの芽や葉は食べるが、幹を噛んだり、樹皮をむいて食べたりはしない。

また、晩秋と早春に集団で移動する習性のあるオオウサギは、ユリノキの二次林に入ると、根元から出ている萌芽枝の芽を次から次へと噛りとって食べ、ちょうど刈り払ったようにきれいさっぱりと片付けてしまう。まだ植えて間もないユリノキの林では、根ぎわで分かれた小さいほうの幹を噛りとって、芽を食べながら通り抜けてゆく。

二次林の萌芽枝の切り倒しと、新植後まもなく行う幹の二股防止のための剪定は、森林管理の仕事のひとつなので、アメリカの森林管理者たちは、オオウサギの集団移動を知ると「ユリノキの床屋がやってきた」と言って、ニンマリするという。

このほかに、きわめて稀だが、キマダラコウモリが根元に巣をつくってユリノキを枯らしたり、枝先にずらっと並んでぶら下がって止まり、小枝を折ったりすることがある。

また、たくさんの重なりあった落ち葉のなかから、ほとんど実が入っていないユリノキの種子をたんねんに拾い、むいては捨て、むいては捨てながら思いとどまることを知らないのは、アカゲリスやハイイロリス、白い足のコマネズミ、さらに体のごく小さいウサギたちだ。また、鳥類では、ウズラやウソなどがユリノキの種子をついばむことがある。なお、ノネズミたちはなぜかユリノキの根を嫌って、食べないという。

いずれ、哺乳動物や鳥類とのかかわり合いは、噛る・ちぎる・折る・むく……という、いわば物理的な被害だが、樹木を生理的に侵すものは病菌類である。

わが国では、ユリノキの数も林も少ないことが原因してか、他の広葉樹類にくらべて、病菌による被害の報告は少ない。強いてあげると、葉を侵す炭疽病菌と、根を傷めて、たまに枯死させることもあるムラサキモンパ病菌、それに苗枯れ病があるくらいである。

コンテンツ一覧▼ 目次をクリックすると、各記事をご覧いただけます

第一章 ユリノキという木

一、化石のなかの「ユリノキ」 村井貞允
  • ユリノキ属の出現
  • わが国におけるユリノキ化石発見の歴史
  • 琵琶湖よりも大きかった古雫石湖
  • ユリノキ化石の仲間たち
  • ユリノキの繁茂した古環境
  • ユリノキの仲間のうち、興味ある種類
二、北米産ユリノキのこと 四手井綱英
  • 東部森林の代表者ユリノキ
  • 外国樹種の導入
  • 導入の失敗と成功例
  • ユリノキへの期待
三、シナユリノキのこと 毛藤圀彦
  • シナユリノキ発見の記録
  • リリオデンドロン・キネンセ
  • シナユリノキの天然分布
  • 樹齢一〇〇〇年の最大樹発見
  • ユリノキとシナユリノキの関連
四、ユリノキの名前
  • 呼び名いろいろ
  • ハンテンボク
  • イエローポプラ
  • チューリップツリー
  • カヌーウッド
  • サドルツリー
  • カナリーウッド
  • バスウッド
  • ホワイトウッド
  • ユリノキの学名
  • リリオデンドロン・ツリピフェラ

第二章 ユリノキのふしぎな形態

一、花
  • 原始の花
  • 緑色の花冠
  • 古代花の形質
二、葉
  • 葉先のない珍しい葉形
  • 難解な葉の表現
  • 発見した小さな突起物
三、生長
  • どのくらい大きくなるのか
  • 生長迅速
  • 容姿端整
四、寿命
  • 樹高六〇・四メートルの巨木
  • 枝と幹と樹皮
五、ユリノキの薬効と成分 指田豊
  • 北米インディアンの薬木
  • 抗癌作用のあるユリノキ成分
  • 辺材が示す抗菌物質と香りの成分
六、花蜜
  • 一花に小匙一杯ほどの
  • 蜂を呼ぶ
  • 蜜の品がら

第三章 アパラチア山麓のユリノキ

一、チューリップの木の花かご
二、幻のユリノキを訪ねて
  • 手当たりしだいの伐採
  • 神々の樹との出会い
三、天然林に生きる
  • 天然更新できない理由
  • 世紀末をむかえたユリノキ
四、ユリノキ天然林の植物相
  • 山岳天然林
  • 低地天然林
  • 丘陵地天然林
  • 河床地天然林
  • ユリノキの食害
五、伐りつくした材
  • 「光沢の白材」と呼ばれて...
  • 木材としての価値
  • 材の堅さと強度

第四章 ユリノキ・ニッポン物語

一、日本渡来考
  • 伊藤圭介説と田中芳男説
  • 不発芽に終った第一号
二、長岡苗木について
  • 初代の並木たち
  • 公園設計の父・長岡安平
  • 御苑ユリノキを母樹として
三、小泉苗木について
  • ユリノキ二世のルーツ
  • 啄木と同期の小泉多三郎
  • 造園業のパイオニア藤村「豊香園」
四、横山苗木について
  • 造林の先駆者・横山八郎
  • 小泉苗木を継いだ横山苗木
五、ロウソクノキの林
  • 紺野ツマさんの林
  • 半世紀後のみごとな林分
六、新宿御苑のシンボル
  • 御苑の来し方
  • 寄せ植えした三本
七、上野・銀座のユリノキ
  • 牧野富太郎の設計
  • この木なんの木
  • 銀座のユリノキ
八、受難のユリノキ二題
  • 三菱爆破事件の顛末
  • 「宮沢賢治の母校並木」の顛末
  • 植栽用途と生育状況の把握

第五章 都市と田園のユリノキ

一、植えたい人へのメッセージ
  • 「田園の幸福」の花ことば
  • 植栽上の七つのポイント
  • 北限および南限と適地
  • 防火樹としての効果と萌芽力
  • 枝折れ
  • 冬の小苗管理法
  • アメリカシロヒトリ
二、ユリノキの優れた園芸品種
  • 樹形変わりと葉の変化
  • 新品種への期待
  • 現在の園芸品種
三、世界の国のユリノキ事情
  • 九カ国の生態学者に聞く

第六章 ユリノキ実験考

一、移植
  • 成木移植はむずかしい
二、三年生株と幼苗の移植実験
三、実生苗
  • ユリノキ苗木の量産法
  • 種子のカーペット
  • 樹下採苗
  • 四〇パーセントに近い硬実歩合
  • 五〇〇メートルも飛ぶ翼果
  • 一樹から採れる種子数

書籍詳細

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations