公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

第六章 ユリノキ実験考

ユリノキと私のつきあいも
とうとう二〇年をこえてしまった。
つまるところ、私にとってユリノキは
種を播いて発芽させ、移植するという
もっとも初歩からしか始まりようがなく、
したがって、終りようもない関係であった。

一、移植

モクレン科( Magnoliaceae )に属する植物の根の性質は、直根性といって、主根を地下深く、まっすぐに伸ばすものが多い。

なかでもユリノキはその最たるもので、いわゆるゴボウ根である。若い苗木でもよくわかるように、ユリノキの主根はさまたげるものがないかぎり、ほとんど側根を出さないまま、ひたむきに地中深く貫入してゆく。主根が深層まで達して、かたい岩石層などに突きあたると、はじめて多数の側根を力強く簇出して広い範囲に根を張りだすのである。しかもこの側根は、ラン科の根のように太くて柔軟で弾力性に富み、ここから多数の白い細根、つまり吸収根を密生する。

しかし、この強烈な直根性は長期的なものではなく、壮齢木に達する過程でしだいに弱まり、やがて地表の近くにも太い側根を出して広く四方に根を張ることで、雄大な地上部とのバランスをはかってゆく。

とくに単木、つまり孤立して一本だけで生長するユリノキでは、樹形があたかもピラミッドによく似た枝張りとなって地上部を支えるため、枝張りの直径の増大に比例して、根張りの直径も大きくなる。

この性質は、およそ巨大木といわれる樹木にほぼ共通した特性なのだが、ユリノキの根の場合は、それがきわめて明らかであるというわけだ。もっとも生長迅速の木であることからしても、理解に難くないものと思う。したがって、ユリノキは成木の移植がむずかしい木だと言われる理由も、以上の性質を知ってもらえば、おのずから納得していただけるであろう。

成木移植はむずかしい

ユリノキの成木の移植は、二年も前からその準備にとりかかり、根まわしなどによって側根の発生をうながして、さらに移植のときには、細い根を切らないように、大量の土が付着したかたちで運ばなければならない。

種苗商のあいだで、引っぱたき苗、引き出し苗と言っているが、これは苗木のまわりを掘って幹を引きあげ、なお、土に入っている根を切って引き抜くやり方で、土がすっかりこぼれおちた苗木のことをいう。これを、裸苗とも呼ぶが、ユリノキの場合では、根元の近くの幹が直径四センチメートルを超した裸苗では、移植に成功した例をあまり聞かない。

生長した樹木の移植は、根まわしとか根切りといって、移植の前年あたりから根の周囲を大きく深く掘り、太い根を切断して側根の発生をうながしておくのが、一般的なやり方である。また、たとえ幼木の場合でも、床替えといって、若い苗木を移植して根ぎわからたくさんの細い根を出させる方法をとる。ユリノキの移植にはぜひ心がけてほしい方法だ。

それでも苗が一年か二年でまだ小さいうちは、裸苗でもけっこう活着するから、いったん植えたあとで変更しない場所を最初に選ぶことだ。

コンテンツ一覧▼ 目次をクリックすると、各記事をご覧いただけます

第一章 ユリノキという木

一、化石のなかの「ユリノキ」 村井貞允
  • ユリノキ属の出現
  • わが国におけるユリノキ化石発見の歴史
  • 琵琶湖よりも大きかった古雫石湖
  • ユリノキ化石の仲間たち
  • ユリノキの繁茂した古環境
  • ユリノキの仲間のうち、興味ある種類
二、北米産ユリノキのこと 四手井綱英
  • 東部森林の代表者ユリノキ
  • 外国樹種の導入
  • 導入の失敗と成功例
  • ユリノキへの期待
三、シナユリノキのこと 毛藤圀彦
  • シナユリノキ発見の記録
  • リリオデンドロン・キネンセ
  • シナユリノキの天然分布
  • 樹齢一〇〇〇年の最大樹発見
  • ユリノキとシナユリノキの関連
四、ユリノキの名前
  • 呼び名いろいろ
  • ハンテンボク
  • イエローポプラ
  • チューリップツリー
  • カヌーウッド
  • サドルツリー
  • カナリーウッド
  • バスウッド
  • ホワイトウッド
  • ユリノキの学名
  • リリオデンドロン・ツリピフェラ

第二章 ユリノキのふしぎな形態

一、花
  • 原始の花
  • 緑色の花冠
  • 古代花の形質
二、葉
  • 葉先のない珍しい葉形
  • 難解な葉の表現
  • 発見した小さな突起物
三、生長
  • どのくらい大きくなるのか
  • 生長迅速
  • 容姿端整
四、寿命
  • 樹高六〇・四メートルの巨木
  • 枝と幹と樹皮
五、ユリノキの薬効と成分 指田豊
  • 北米インディアンの薬木
  • 抗癌作用のあるユリノキ成分
  • 辺材が示す抗菌物質と香りの成分
六、花蜜
  • 一花に小匙一杯ほどの
  • 蜂を呼ぶ
  • 蜜の品がら

第三章 アパラチア山麓のユリノキ

一、チューリップの木の花かご
二、幻のユリノキを訪ねて
  • 手当たりしだいの伐採
  • 神々の樹との出会い
三、天然林に生きる
  • 天然更新できない理由
  • 世紀末をむかえたユリノキ
四、ユリノキ天然林の植物相
  • 山岳天然林
  • 低地天然林
  • 丘陵地天然林
  • 河床地天然林
  • ユリノキの食害
五、伐りつくした材
  • 「光沢の白材」と呼ばれて...
  • 木材としての価値
  • 材の堅さと強度

第四章 ユリノキ・ニッポン物語

一、日本渡来考
  • 伊藤圭介説と田中芳男説
  • 不発芽に終った第一号
二、長岡苗木について
  • 初代の並木たち
  • 公園設計の父・長岡安平
  • 御苑ユリノキを母樹として
三、小泉苗木について
  • ユリノキ二世のルーツ
  • 啄木と同期の小泉多三郎
  • 造園業のパイオニア藤村「豊香園」
四、横山苗木について
  • 造林の先駆者・横山八郎
  • 小泉苗木を継いだ横山苗木
五、ロウソクノキの林
  • 紺野ツマさんの林
  • 半世紀後のみごとな林分
六、新宿御苑のシンボル
  • 御苑の来し方
  • 寄せ植えした三本
七、上野・銀座のユリノキ
  • 牧野富太郎の設計
  • この木なんの木
  • 銀座のユリノキ
八、受難のユリノキ二題
  • 三菱爆破事件の顛末
  • 「宮沢賢治の母校並木」の顛末
  • 植栽用途と生育状況の把握

第五章 都市と田園のユリノキ

一、植えたい人へのメッセージ
  • 「田園の幸福」の花ことば
  • 植栽上の七つのポイント
  • 北限および南限と適地
  • 防火樹としての効果と萌芽力
  • 枝折れ
  • 冬の小苗管理法
  • アメリカシロヒトリ
二、ユリノキの優れた園芸品種
  • 樹形変わりと葉の変化
  • 新品種への期待
  • 現在の園芸品種
三、世界の国のユリノキ事情
  • 九カ国の生態学者に聞く

第六章 ユリノキ実験考

一、移植
  • 成木移植はむずかしい
二、三年生株と幼苗の移植実験
三、実生苗
  • ユリノキ苗木の量産法
  • 種子のカーペット
  • 樹下採苗
  • 四〇パーセントに近い硬実歩合
  • 五〇〇メートルも飛ぶ翼果
  • 一樹から採れる種子数

書籍詳細

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations