公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

第四章 ユリノキ・ニッポン物語

六、新宿御苑のシンボル

御苑の来し方

わが国の広大な洋風公園である新宿御苑は、その面積が約六〇万平方メートルと広く、中央に広々とした芝生の広場が設けられていて、ここを訪れる人々にとってまたとないゆったりした気分に浸ることのできる憩いの場所として親しまれている。

御苑は、もと信州高遠の藩主だった内藤侯が徳川幕府から拝領した邸地と、同藩の下屋敷があった跡地を、明治五年(一八七三年)に維新政府が接収したものである。ここを内務省の所管として、いまの農業試験場にあたる勧農寮新宿農学所を設け、農業振興のための研究機関とした。

明治一二年に至って宮内省に移管し、名も「新宿植物御苑」と改められ、茶畑・桑園・水田などをひらいて総合農事試験場としての充実が図られた。明治二六年になると園芸の研究に主力を置くことになり、促成栽培や温室栽培についても高度な研究が始められた。そのなかではキクとサクラの研究成果に著しいものがあった。

明治三三年、宮内省は新宿御苑のいっさいの業務を農務省の西ヶ原国立農事試験場に移し、苑内を改装して西洋庭園と日本庭園とに区分する計画を決定した。翌年に同苑の福羽逸人と市川之雄とをフランスのベルサイユ園芸学校に派遣し、造園学の世界的権威であるアンリー・マティネー教授のもとで造園技術の修得を図るとともに、御苑の設計指導を受けた。そして、翌々年に二人の帰朝を待って大がかりな改装工事に取りかかった。工事なかばで日露戦争が起こったが、工事は中断されることなく進められて明治三九年に新装を完了し、いまのような新宿御苑に生まれ変わったのである。

寄せ植えした三本

洋風庭園には中央に芝生の広場を設けて、その中心部に三本のユリノキを寄せ植えし、この近くを通る道路のそばには欧風のガス燈の鉄柱を建て、要所にベンチを配置した。

寄せ植えした三本のユリノキは、現在は優に三五メートルを超え、幹の胸高直径は平均で九三センチメートルに達し、その枝下直径は二五メートルに及んで、まさしく御苑のシンボルの木となった。

新宿御苑とユリノキとのかかわり合いは明治八年に遡る。植物界の最高権威者伊藤圭介が、教育学者の米人モレーから贈られたユリノキの種子を自宅で実生によって育苗し、これを新宿農学所に植え付けしたことに始まるから、御苑の大改装時には樹齢三〇年に近い壮齢木となっていたはずである。

改装以前の御苑内にユリノキが何本あって、どの場所にどのように植えられていたのかは全く不明なので、シンボルとなっている三本のユリノキの由来については推量の域を出ないが、思いつくままに述べてみよう。

もともと今の場所にユリノキの小林分があって、福羽たちが持参した苑内樹木現在図を見たマティネー教授が、その中から三本を選び、不等辺三角形の頂点の位置にそれぞれ一本ずつを残して、他を除伐するように指導したのかも知れない、と考えるのが一つ。いま一つは、当時、一〇年の歳月をかけて明治四三年に完成した赤坂離宮(現在の迎賓館)の、正門から赤坂見付までの沿道の一四四本のユリノキによる両側並木は、すべて新宿御苑で計画的に育成した実生苗木であったことから、広場の芝生中央に植えた三本は、御苑で育てたユリノキの幼苗を定植したものに違いない、という見方である。

どちらが事実なのか、証明する資料に乏しくて明らかにできないのは残念だ。ただ、寄せ植えの方法をとったのはマティネーの指導によるものに間違いないと思う。というのは、まともに風が吹きつける場所に大樹を仕立てるときは、ユリノキに限らず、陽樹の場合には三本を寄せ植えにする。これが欧米における造園学上の基本的な考えとなっているからである。

このような基本的な考え方は、天然林の周縁木を観察して得たものとされている。天然林の周縁部といえば、山が崖のそばまで迫っているあたりか、丘が渓谷か河岸まで近づいて急に切れている所が多い。ここはだいたい空地であって、きわめて陽当たりは良いが、同時にまた、風の通り道でもある。

ユリノキや、ユリノキのように陽当たりを好む木は、このような所に自然下種によって数本またはそれ以上が集まって苗立ちし、互いに枝を組み合わせて風害を避けながら生育を続ける。そして、この生育の途中で、たかが数本の株なのに、とても考えられない厳しい自然淘汰、つまり自然による選抜が行われる。これもユリノキが生来の陽樹だからであって、お互いが影にならない位置を占めたもの、不等辺三角形の頂点にある三本だけが、結局は成木として生き残ることになる。

要するに、環境に順応し得る位置を占めたものだけが生きながらえて、種族存続の役割を果たすのである。この自然の理法を欧米の造園学が取り上げて学理の一つとした。

寄せ植えという言葉に出会うと、私はいつも毛利元就の『三矢の訓』の説話を思い出す。

戦国時代の武将毛利元就はある日、長男の隆元、吉川氏への養子とした元春、小早川氏への養子とした隆景の三人を一堂に集め、矢を一本ずつ手渡して「一本の矢は折るに難くなしといえども、三矢を寄せるときは、もはや折るることなし。三兄弟は一束の矢となりて家名存続に大いに力をいたすべし」と諭した故事を……………。

いま、夏のころに新宿御苑を訪れると、広大な芝生の中央で空を掃くように高く繁ったユリノキが、遠くの超高層ビル群を背景にしてまるで一本の木のように目にとまる。この木の近くを通らなかった人々の多くは、新宿御苑のシンボルの木が三本のユリノキの寄せ植えであることに気づかずに、一本の巨木の印象を抱いたまま帰路につく。

コンテンツ一覧▼ 目次をクリックすると、各記事をご覧いただけます

第一章 ユリノキという木

一、化石のなかの「ユリノキ」 村井貞允
  • ユリノキ属の出現
  • わが国におけるユリノキ化石発見の歴史
  • 琵琶湖よりも大きかった古雫石湖
  • ユリノキ化石の仲間たち
  • ユリノキの繁茂した古環境
  • ユリノキの仲間のうち、興味ある種類
二、北米産ユリノキのこと 四手井綱英
  • 東部森林の代表者ユリノキ
  • 外国樹種の導入
  • 導入の失敗と成功例
  • ユリノキへの期待
三、シナユリノキのこと 毛藤圀彦
  • シナユリノキ発見の記録
  • リリオデンドロン・キネンセ
  • シナユリノキの天然分布
  • 樹齢一〇〇〇年の最大樹発見
  • ユリノキとシナユリノキの関連
四、ユリノキの名前
  • 呼び名いろいろ
  • ハンテンボク
  • イエローポプラ
  • チューリップツリー
  • カヌーウッド
  • サドルツリー
  • カナリーウッド
  • バスウッド
  • ホワイトウッド
  • ユリノキの学名
  • リリオデンドロン・ツリピフェラ

第二章 ユリノキのふしぎな形態

一、花
  • 原始の花
  • 緑色の花冠
  • 古代花の形質
二、葉
  • 葉先のない珍しい葉形
  • 難解な葉の表現
  • 発見した小さな突起物
三、生長
  • どのくらい大きくなるのか
  • 生長迅速
  • 容姿端整
四、寿命
  • 樹高六〇・四メートルの巨木
  • 枝と幹と樹皮
五、ユリノキの薬効と成分 指田豊
  • 北米インディアンの薬木
  • 抗癌作用のあるユリノキ成分
  • 辺材が示す抗菌物質と香りの成分
六、花蜜
  • 一花に小匙一杯ほどの
  • 蜂を呼ぶ
  • 蜜の品がら

第三章 アパラチア山麓のユリノキ

一、チューリップの木の花かご
二、幻のユリノキを訪ねて
  • 手当たりしだいの伐採
  • 神々の樹との出会い
三、天然林に生きる
  • 天然更新できない理由
  • 世紀末をむかえたユリノキ
四、ユリノキ天然林の植物相
  • 山岳天然林
  • 低地天然林
  • 丘陵地天然林
  • 河床地天然林
  • ユリノキの食害
五、伐りつくした材
  • 「光沢の白材」と呼ばれて...
  • 木材としての価値
  • 材の堅さと強度

第四章 ユリノキ・ニッポン物語

一、日本渡来考
  • 伊藤圭介説と田中芳男説
  • 不発芽に終った第一号
二、長岡苗木について
  • 初代の並木たち
  • 公園設計の父・長岡安平
  • 御苑ユリノキを母樹として
三、小泉苗木について
  • ユリノキ二世のルーツ
  • 啄木と同期の小泉多三郎
  • 造園業のパイオニア藤村「豊香園」
四、横山苗木について
  • 造林の先駆者・横山八郎
  • 小泉苗木を継いだ横山苗木
五、ロウソクノキの林
  • 紺野ツマさんの林
  • 半世紀後のみごとな林分
六、新宿御苑のシンボル
  • 御苑の来し方
  • 寄せ植えした三本
七、上野・銀座のユリノキ
  • 牧野富太郎の設計
  • この木なんの木
  • 銀座のユリノキ
八、受難のユリノキ二題
  • 三菱爆破事件の顛末
  • 「宮沢賢治の母校並木」の顛末
  • 植栽用途と生育状況の把握

第五章 都市と田園のユリノキ

一、植えたい人へのメッセージ
  • 「田園の幸福」の花ことば
  • 植栽上の七つのポイント
  • 北限および南限と適地
  • 防火樹としての効果と萌芽力
  • 枝折れ
  • 冬の小苗管理法
  • アメリカシロヒトリ
二、ユリノキの優れた園芸品種
  • 樹形変わりと葉の変化
  • 新品種への期待
  • 現在の園芸品種
三、世界の国のユリノキ事情
  • 九カ国の生態学者に聞く

第六章 ユリノキ実験考

一、移植
  • 成木移植はむずかしい
二、三年生株と幼苗の移植実験
三、実生苗
  • ユリノキ苗木の量産法
  • 種子のカーペット
  • 樹下採苗
  • 四〇パーセントに近い硬実歩合
  • 五〇〇メートルも飛ぶ翼果
  • 一樹から採れる種子数

書籍詳細

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations