公共サイン納品実績全国3万件、植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』、樹名板のトップブランドです。

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

第9回 『ユリノキという木』─ 魅せられた樹の博物誌

初代会長・毛藤勤治(農学博士)が調査・採種・育苗・植樹・寄贈活動に40年をかけた資源木「ユリノキ」の正体をとことん解明した一書。化石時代にさかのぼり、北米原産地調査3000キロ。栽培法・薬効・自然史やヒトとの関わりを綴った最詳のモノグラフであり博物記。全国植栽調査による所在地リストを収録し、話題となった。

『ユリノキという木』
アボック社 / 1989年 / 四六判 304頁

(本書あとがきより)

昭和三〇年代に岩手県が全県酪農の旗印をかかげ、乳牛の餌を生産する牧野づくりを進めましたが、この仕事の担当者の一人として県内の自然林約一万七千余へクタールの伐採にたずさわりました。

いかに役柄だったとはいえ、数千万本という膨大な数の山の木を伐り倒したことが、悔いとして残り、なんとかこれを償わなければという気持ちにかられてなりませんでした。

盛岡の人びとから「宮沢賢治の母校並木」とよばれこよなく愛されていた岩手大学旧正門前のユリノキ並木、また、同世代と思われるユリノキの大木が、盛岡市内のそこここに点在していたことに縁を感じ、償いの木はこれにしようと、ひとり勝手に決めました。

このあと、内外の文献集めとその通読、植栽の調査に平行して採種育苗の実験を進めましたが、発芽しない種子の多いユリノキの泣きどころの解決には、ほとほと手を焼きました。しかし、その間に実生した小苗数は一万一千余本となり、主に県内のユリノキのお好きな方々に乞われるままお分けできたので、いくぶん軽い気分にひたることができました。

しかし、数では大海に浮かぶ流木に等しいものです。だから、このうえは山地のブナ天然林を大事にするとともに、現在まだ残っている低地林の中の自然林を核として、多くの人々の理解と協力を得て、「不伐の森」を地域的に設け、ここを永遠の森、つまりエバーラステングなエターナルフォレストとして後世に残して行く、こうしたことに微力を尽くしたいと考えています。

さて、長いユリノキとのかかわり合いの間に、あるいは文献に目を通している合い間に、その都度、忘れないうちにと、まとめ書きを続けてきましたが、この間に教えられたもの、それは、「どんな種類の植物でも、ユリノキに勝るとも劣らない魅力に満ち満ちている」という事実でした。

ともあれ、このたび書き溜めしたものの中から選び出して六章にまとめたものがこの本ですが、 幸いなことに四手井綱英・村井貞允・指田豊諸先生から、ご専門の立場での玉稿を寄せていただきました。また、林学専門の戸沢俊治・八重樫良暉の両氏からは、数々の助言を得ました。さらに多くの先輩、畏友、知友の各位と学友からも数々のご指導と励ましを受けました。心から厚くお礼申し上げます。

次に内外参考文献ですが、余りにも多過ぎまして、紙数の都合もあって割愛させて載きました。著述者の方々のお許しをお願い致します。

最後に、編集と出版を引き受けたアボック社出版局の皆様、とくに編集担当の國分重男様、岡山恵美子さん、濱名厚宣さん、田島雅美さんのご苦労、まことにありがたく思います。

平成元年十月、盛岡にて
毛藤 勤治

コンテンツ一覧▼ 目次をクリックすると、各記事をご覧いただけます

第一章 ユリノキという木

一、化石のなかの「ユリノキ」 村井貞允
  • ユリノキ属の出現
  • わが国におけるユリノキ化石発見の歴史
  • 琵琶湖よりも大きかった古雫石湖
  • ユリノキ化石の仲間たち
  • ユリノキの繁茂した古環境
  • ユリノキの仲間のうち、興味ある種類
二、北米産ユリノキのこと 四手井綱英
  • 東部森林の代表者ユリノキ
  • 外国樹種の導入
  • 導入の失敗と成功例
  • ユリノキへの期待
三、シナユリノキのこと 毛藤圀彦
  • シナユリノキ発見の記録
  • リリオデンドロン・キネンセ
  • シナユリノキの天然分布
  • 樹齢一〇〇〇年の最大樹発見
  • ユリノキとシナユリノキの関連
四、ユリノキの名前
  • 呼び名いろいろ
  • ハンテンボク
  • イエローポプラ
  • チューリップツリー
  • カヌーウッド
  • サドルツリー
  • カナリーウッド
  • バスウッド
  • ホワイトウッド
  • ユリノキの学名
  • リリオデンドロン・ツリピフェラ

第二章 ユリノキのふしぎな形態

一、花
  • 原始の花
  • 緑色の花冠
  • 古代花の形質
二、葉
  • 葉先のない珍しい葉形
  • 難解な葉の表現
  • 発見した小さな突起物
三、生長
  • どのくらい大きくなるのか
  • 生長迅速
  • 容姿端整
四、寿命
  • 樹高六〇・四メートルの巨木
  • 枝と幹と樹皮
五、ユリノキの薬効と成分 指田豊
  • 北米インディアンの薬木
  • 抗癌作用のあるユリノキ成分
  • 辺材が示す抗菌物質と香りの成分
六、花蜜
  • 一花に小匙一杯ほどの
  • 蜂を呼ぶ
  • 蜜の品がら

第三章 アパラチア山麓のユリノキ

一、チューリップの木の花かご
二、幻のユリノキを訪ねて
  • 手当たりしだいの伐採
  • 神々の樹との出会い
三、天然林に生きる
  • 天然更新できない理由
  • 世紀末をむかえたユリノキ
四、ユリノキ天然林の植物相
  • 山岳天然林
  • 低地天然林
  • 丘陵地天然林
  • 河床地天然林
  • ユリノキの食害
五、伐りつくした材
  • 「光沢の白材」と呼ばれて...
  • 木材としての価値
  • 材の堅さと強度

第四章 ユリノキ・ニッポン物語

一、日本渡来考
  • 伊藤圭介説と田中芳男説
  • 不発芽に終った第一号
二、長岡苗木について
  • 初代の並木たち
  • 公園設計の父・長岡安平
  • 御苑ユリノキを母樹として
三、小泉苗木について
  • ユリノキ二世のルーツ
  • 啄木と同期の小泉多三郎
  • 造園業のパイオニア藤村「豊香園」
四、横山苗木について
  • 造林の先駆者・横山八郎
  • 小泉苗木を継いだ横山苗木
五、ロウソクノキの林
  • 紺野ツマさんの林
  • 半世紀後のみごとな林分
六、新宿御苑のシンボル
  • 御苑の来し方
  • 寄せ植えした三本
七、上野・銀座のユリノキ
  • 牧野富太郎の設計
  • この木なんの木
  • 銀座のユリノキ
八、受難のユリノキ二題
  • 三菱爆破事件の顛末
  • 「宮沢賢治の母校並木」の顛末
  • 植栽用途と生育状況の把握

第五章 都市と田園のユリノキ

一、植えたい人へのメッセージ
  • 「田園の幸福」の花ことば
  • 植栽上の七つのポイント
  • 北限および南限と適地
  • 防火樹としての効果と萌芽力
  • 枝折れ
  • 冬の小苗管理法
  • アメリカシロヒトリ
二、ユリノキの優れた園芸品種
  • 樹形変わりと葉の変化
  • 新品種への期待
  • 現在の園芸品種
三、世界の国のユリノキ事情
  • 九カ国の生態学者に聞く

第六章 ユリノキ実験考

一、移植
  • 成木移植はむずかしい
二、三年生株と幼苗の移植実験
三、実生苗
  • ユリノキ苗木の量産法
  • 種子のカーペット
  • 樹下採苗
  • 四〇パーセントに近い硬実歩合
  • 五〇〇メートルも飛ぶ翼果
  • 一樹から採れる種子数

書籍詳細

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日
土曜(2~3月の繁忙期を除く)・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

=土曜営業日

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO2001:2008 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations