公共サイン納品実績全国3万件・植物名ラベル納品実績全国450万枚。Abocは『環境サイン®』・樹名板のトップブランドです

公共緑地サインと樹名板のパイオニアメーカー 0467-45-5110 お見積・カタログ請求も 平日8:30-17:00

第3章 概説篇《植栽設計のための基礎知識》:Ⅱ 熱帯花木を育てる

地下部の環境

赤い土、ラテライト

根が伸びる地下は、土や礫で成り立っています。

地中の深いところは、火成岩あるいは水成岩の硬い岩石です。それらの硬い岩石も長年の太陽熱、雨などの物理的・化学的な力が加わって砕かれ、土壌となります。土壌は、母岩の種類、含んでいる礫、砂、粘土などの構成、含まれる有機質はさまざまです。母岩が石灰岩の場合には、アルカリ性の土壌となります。

熱帯では、ラテライトといわれる保水性が悪く痩せた赤色土壌もよくみられます。特に熱帯低地では、高温多湿のために有機質が分解しやすく、有機質が乏しいのが一般的です。

植物には、生育に適した土壌環境が必要です。また、土壌の酸度も影響します。代表的な例としてツツジの類は酸性を好み、沙漠の乾燥地の植物はアルカリ(塩基)性土壌によく耐えます。

よい土地の条件

土地の条件としては、

  1. ①土壌が肥沃でやわらかい
  2. ②空気の流通と排水がよい
  3. ③水分を多く含んでいる中性に近い土壌

この3つの要件がそろえば、たいていの植物は生育可能です。その反対に、排水の悪いところでは、根腐れを起こしやすく、過乾燥は生育を阻害します。

起伏のあるところでは、丘の上の平地がよいか、斜面がよいか、あるいは谷筋に植えるのがよいかは、土壌の構成と水分の供給を考慮して決めます。傾斜地では、表土が流れない工夫としてグラウンドカバー(地被)植栽も有効です。

このように、土壌が緻密で粘性が強い、また、地下水位が高く、根の呼吸が妨げられるような土地では、客土や排水設備、土壌改良を行う必要があります。人工地盤に使用する土壌は軽いことが要求され、パーライトやバーミキュライトなどの人工土が多く使われます。

一般的に、植物をうまく育てるコツは、堆肥などの有機質をすきこんで土壌改良を行い、給水施設や排水溝を設けて人工的に水分の調節をし、また、適期に肥料分の補給を行うなどのコントロールをすることです。

どうしたら地温を保てるか

次に、地温と生育の関係に触れてみましょう。この関係は見逃してしまいがちなものです。

植物によっては気温よりも地温のほうが生育、開花結実などに関係の深い場合があります。日本の冬には、地温はどんどん低下して植物にダメージを与えます。そこで、日当りのよい南斜面や、陽溜りに植えたり、畦を高くするとか、鉢に植えて鉢内の土の温度を上げるなどの方法をとります。こうした栽培管理を行うだけでも、相当の防寒効果があげられるのです。

南面の傾斜地、建物周辺などの風の当たらない場所を選ぶほか、ビニールを株元に敷いたりすると、より地温が高まります。また、南に面した石垣の上などは、太陽熱をよく吸収し、保持してくれる適地です。

防寒対策として

防寒対策のもう一つの方法としては幹、枝が直接寒さに当らぬように保護することです。

植物をビニールや防寒ネットで覆うのは効果的です。常緑植物では、昼夜の温度較差があまりに大きいと、樹勢が衰弱してしまうので、冬期は寒暖の差をできるだけ少なくした方が安全です。時おり、南面の日当りのよい所のものが枯れ、日陰のものが生き残る例を見ますが、これは昼夜の温度差が原因です。

常緑樹は、冬期は水分を地上へ送る量が少なくなります。そこに乾燥した寒風が吹きつけると、葉の水分が奪われて寒害をおこすのです。対策としては、ソテツのワラ囲いなどのように、むしろや藁で木や枝を囲う方法が有効です。冬季には植物は同化作用がにぶるので、日の当たる必要があまりなく、暗くても差支えありません。むしろ、寒暖の差を少なくするよう工夫を凝らしたいものです。

『日本で育つ熱帯花木植栽事典』コンテンツ一覧▼ 目次(青字)をクリックすると、各文をご覧いただけます

はじめに/謝辞

第3章 概説篇《植栽設計のための基礎知識》

Ⅰ 熱帯花木を観察する
熱帯とは
  • 熱帯とは何処でしょう
  • 亜熱帯とは何処でしょう
  • 熱帯の花は何時咲く?
  • 雨季と乾季のある一年
  • 暖帯の中の9a、9b地帯
熱帯の気候と植生
  • 気候と植物の関係
  • 6つの熱帯植生気候
熱帯の景観を構成する樹々
  • “この木なんの木”の正体
  • マストツリーやジャックフルーツの樹とは
熱帯花木の代表樹
  • ジャカランダやカエンボクなど
ローカルな熱帯花木
  • アンサナやギョボクの樹を知っていますか
  • ハワイの名花、オヒアレフア
日本の熱帯花木
  • ゲッキツやサンタンカが咲く島・沖縄
  • タコノキ、マルハチの生える島・小笠原
Ⅱ 熱帯花木を育てる
植物の分布や成育状態と適応性
  • どんな目安をつければよいか
  • インベーダーに注意-栽培分布-
寒さや暑さにどれだけ耐えられるか
  • 寒さによる障害
  • 建物周辺は好条件
  • 葉枯れ状態は赤信号
  • 夏の高温多湿による障害
  • 気候の温暖化について-特に都市空間では-
植物の年齢による違い
  • 接木・挿木苗はすぐに咲く?
  • 大きな株は寒さに強い
開花習性とその調節
  • 「日長」による開花のちがい
  • 花をつけない・咲かないのはなぜ
  • 返り咲き
地下部の環境
  • 赤い土、ラテライト
  • よい土地の条件
  • どうしたら地温を保てるか
  • 防寒対策として
生育の状態と潅水・施肥
  • たくさんの花を咲かせるには
  • 葉の大きい植物を育てるコツ
  • 潮風との関係
繁殖について
  • 種子から育てる
  • 挿木で繁殖した壷植物は膨れない
温・暖帯域での栽培
  • 鉢植えでの栽培
  • 温室・アトリウムでの栽培
  • 戸外での栽培
Ⅲ 熱帯花木を選ぶ
沖縄の県木、デイコも帰化植物
沖縄とシンガポール
沖縄に雪や霰が降った時の話
一番の曲者は季節風
デイコ 落葉・開花はいつ
アメリカデイコ 1年じゅう花が咲く
落葉性の熱帯花木は寒さに強い
ハイビスカス 真夏の東京はハワイより暑い
フヨウ 低木から多年草に変化

第4章 植栽設計資料篇

Ⅳ 熱帯花木関連の植物導入年表(江戸末期まで)
解説
Ⅴ 熱帯花木が見られる世界の植物園ガイド
熱帯花木が見られる世界の植物園・地図索引
(001~116)
A●アフリカ
  • エジプト
  • カナリア諸島(スペイン)
  • ケニア
  • セーシェル
  • マダガスカル
  • モーリシャス
  • 南アフリカ共和国
B●アジア
  • インド
  • インドネシア
  • シンガポール
  • スリランカ
  • タイ
  • ネパール
  • パキスタン
  • フィリピン
  • マレーシア
  • ミャンマー
  • 台湾
  • 中国
C●オーストラリア
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
D●ヨーロッパ
  • スペイン
  • モナコ
E●北アメリカ
  • アメリカ
F●ハワイ
  • ハワイ
G●オセアニア
  • サイパン島
  • タヒチ島(フランス領)
  • ニューカレドニア島(フランス領)
  • パプアニューギニア
  • フィジー
  • ミクロネシア連邦
H●中米・カリブ海
  • キューバ
  • コスタリカ
  • ジャマイカ
  • セントビンセント・グレナデン諸島
  • メキシコ
I●南アメリカ
  • パラグアイ
  • ブラジル
  • ベネズエラ

書籍詳細

ネイチャーコンテンツのご相談メニュー

営業日カレンダー
Calendar Loading

=休業日

土曜・日曜・祝日・GW休暇・夏季休暇・冬季休暇(年末年始)

  • (一社)日本公園施設業協会会員
  • SP・SPL表示認定企業
  • ISO9001認証取得企業
SPマーク SPLマーク ISO9001 認証取得ロゴ

アボック社は(一社)日本公園施設業協会の審査を経て「公園施設/遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014 」に準拠した安全な公園施設の設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行う企業として認定されています。

自然学習と安全防災 まちづくり提案
For the happiness of the next generations